ヴォイストレーナーの選び方[アーカイブ版]

声、発声、聞くこと、ヴォイストレーニングに関心のある人に  バックナンバーは「夢実現・目的達成のための考え方と心身のトレーニング」をご覧ください http://bvt.txt-nifty.com/trainersen/

BV理論とイメージ

理論を用いるのは、自分の体をモデル化して捉え、イメージで動かしやすくするため、記憶するため、再現しやすくするためです。私のイメージのモデルは、頭と胸の中心に2点があって、それが結ばれている軸とします。そこから上下にひっぱります。 地声や話声…

体に聞く

私はよく「頭でよいと思っても、頭ゆえに判断を間違うもの」だと言っています。 そういうとき、「バッティングセンターでいつもより打てるか(ボーリングでもダーツでもよい)チェックしたら」と言っています。頭でよいと思っても、結果、打てなければだめ、…

聞かれる

何にしても「鈍い」を「鋭い」にしなくてはなりません。 レッスンでさえ、スタンスで決まります。それをみている人が感動するようなものでなくては、と思うのです。私はいつも第三者に開かれているように意識してやっています。グループやマンツーマンでも、…

スタンス

私の手伝いをさせていたトレーナーがあるとき、私の全体評(ステージ実演のコメント)のあとに自分も「私と同じことを、寸分たがわずにノートに書いた」と言っていました。「10年もいたからわかること」と思いました。 評というのは、歌への評価ですが、本当…

時間と静寂さ

音楽やせりふは、時間のアートです。時間をどうみるかです。これは「永遠の問い」にも通じます。ともかくも、無音から一つの音やその動きに集中して、ゆっくりと学ばなくてはなりません。 私は、ピアノ伴奏に頼らせずアカペラをメインにしています。何でも描…

理想から引きあげる

ヴォイトレは、普通の人の力50%を70%くらいにしていくものです。しかし、積み重ねるより天才ヴォーカリストと言われるような人のもつ完璧さ、100%の感覚の方から引きあげられるようにしていく、感覚―イメージ―体の順でレベルアップしていくのが理想です。…

声の土台

何事であれ、これまでに心身をプロとして扱って何かをなし得たことのある人は進歩が早いです。声や歌というものは、その土台に体と感覚のコントロール、筋力なども含まれます。土台があって今のあなたの声も維持されているのです。 少々、無理をしても応用し…

整えていく

BV法とか理論とか言っても、そんなものがあるわけではないのです。しぜんなものの成り立っていくプロセスを理解して身につけていくアプローチの一手段として、私は仮に命名しているだけです。 「ブレスヴォイス」というのですから、息を吐いて声にする、息と…

逆境と否定

私は、若いころ、わからないものを知りたかった、見たかった、味わいたかった。そして、わかっている人、あるいはわかったようにみえる人にコンプレックス=ギャップを強く感じた。そこから抜け出せたら、その溝が埋まれば、もう一つ上の世界がみえてくると…

わからないものをわかるな☆

コメントにも、わかりやすさばかりが求められるようになりました。 たとえば、音楽を「聞いて、わからない人に説明しても仕方ない」です。しかし、そのコメントをきっかけに何回も聞く人もいるというなら、やってみる価値はあります。万に一つでもそういう効…

語らなくてもよい

こういう分野は、先のわからないものです。わからなくてよいのです。わかってしまうくらいのものならつまらないし、わかってしまったら、投げ出していたでしょう。 「わかっている、正しいのはこうだ」というような人には関わっても無駄と思うのです。そうい…

対し方

私はかつて、研究生の出してくるレポートに、論を返していました。私のスタンスをもって否定してくる人にも対峙してきたのです。そこで時間をかけて答える姿勢を保ち続けることが私の生きることの一部でした。 ところが、対し方を伝えたいのに、その論の正誤…

生命力と3D

生き生きと「生命力」にあふれ、「リアル」に3D(立体感)に迫ってくるものが、表現としてすぐれたアートです。その声で伝わるその人も生き方は、生きる力を与えてくれます。 それがどうしてなくなったのでしょう。意識として、それに対抗する「死」がないか…

自立した歌

1.その人を知っているから我慢できる歌(カラオケ) 2.その人の努力、歌への思い、好き、が出ている歌(のど自慢本人) 3.その人の後ろにあるものが伝わってくる歌 こんな感じでしょうか。3が神、「人類が太古から今まで生きて受け継いできた大きな流れ」の…

我を出す

昔は、「自分を出すような歌はうるさいから、声に委ねろ」と言っていたのに、今は「自分を出して歌ってください」と言っています。 表現力は、体力とメンタルに支えられます。その我が弱くなると、その人の生き方、生き様が出てこないのです。 歌が、メロデ…

起こる

ステージですから、何かが起こったらわかります。わかってこそ、「起こった」といえます。 起こらなければ失敗、というよりも、勝負以前なのです。何かを起こすかどうかは別として、出したところで何かが起きなければ表現ではないのです。 それが、私がいち…

共感

学び手が引き出すトレーナーの能力について述べます。 かつて、私は、研究所のライブのステージを見て、一言も語りませんでした。そこの場は真剣に臨む人が多くいて、それだけでことばは必要としなかったからです。 私がうしろにいて、空気を緊張させていれ…

正しいと言うな

声に正誤はありません。あるのは深さです。それゆえ、程度とできの問題です。ですから、一つの方法でなく、いろんなやり方、アプローチがあり、プロセスがあり、効果があります。 せりふは、ことばとしては、子音で共鳴を妨げます。具体的な意味内容を得られ…

JAZZのレッスン

ジャズのヴォーカリストも来ていますので、研究所では、21世紀の日本で「英語で1960年代前後」のジャズを歌うという、表現のあり方、あり様にあたらざるをえません。現実的には、声レベルの問題で留まっています。レッスンでは、次の3つができていない人がほ…

表現における二重性

日本語の勉強を、文法で捉え「主語」での欠陥を指摘する人がいます。「主語」のような概念は、欧米の言語学からきたもので、そこからの分析で日本語のよしあしの判断はできません。日本語にとって不利な分析となります。 国の将来の経済方針をアメリカが作り…

手段と目的

基準のレベルの差を知ることが、ヴォイトレの第一歩です。「それができていない」のを知るために、声域や声量などの限界をチェックしてみるというならよいのです。しかし、それが目的になっていませんか。 今や「○オクターブ以上、○日で出せるようになる」と…

なぜできないのか☆

「できないことをできるようにしたい」これがレッスンの大きな動機です。しかし、「なぜできないのか」ということと、「できたらよいのか」ということを、よく考える必要があります。 目標のとり方として、 「できないよりできた方がよいもの」と、 「できな…

短期と長期

トレーナーとしては、トレーナー本人の力量を信じさせないと効果も出にくいし、レッスンも続かないので、どうしても過度に勇気づけたくなるものです。早くレッスンの効果をみせて信用させたいとの思いから、多くの方法が使われています。TVや本で紹介されて…

固定観念を外す

トレーナーの中には、最初から決めつけてかかる人が少なくありません。「あなたの声は…だ。だから、こうすべきだ」と。これでは初心者のトレーナーよりも悪い結果になりかねません。 確かに一回のレッスンで、わかりやすい人もいます。しかし、わかったつも…

位置づけ

私のように何十タイプものトレーナーや何百タイプもの人を何年もみてきても完全にわかるわけではありません。わからないゆえに、選ばずに新しい人を引き受けてきました。400人くらいの人を毎月、グループで続けて10年以上みていたことは、今となっては、願っ…

学び方

私はここのシステムや制度をもって、トレーナーや生徒に学ぶ場のありよう、学び方を伝えているつもりです。それが変わらないのに声が大きく変わることもあまりありません。 私のところのように、他のところではレッスンができない人もくるところでは、いろん…

評価について

私は生徒にトレーナーのレッスンの評価をさせています。それは、最近取り入れられている学校での「生徒による教授評価」とは意図が違います。生徒の考え方や学びのレベルとその進歩を知るためです。それでトレーナーを判断しようと思っていません。「生徒が…

自分の判断の限界

自分を出し切る。それは第一の条件です。しかし、出し切ったくらいでできるのは、声を二次的に使う分野くらいです。 どのトレーナーが合っているかとか、レッスンのどこがプラスなのかというのは、習っている本人が、自分の「今の器」で考えたり、思いこんだ…

トレーナーの学びと使い方

日本人に「主体性」を気づかせるのは、殊のほか難しいものです。レッスンをマンツーマンにしたのもグループでの主体性が失われてきたからです。 間違えないでほしいのは、方法やメニュの差異を比較して、トレーナーの優劣を決めても仕方ないということです。…

制限と判断

私は、グループレッスンのときから、他のトレーナーを使っていました。個人レッスンもトレーナーにやらせていました。「福島のレッスンよりも、他のトレーナーのレッスンの方がいい」という人も出てきました。 それは、最初、私が分担したくて、そうして成り…