NEWヴォイストレーナーの選び方[アーカイブ版]

声、発声、聞くこと、ヴォイストレーニングに関心のある人に  バックナンバーは「夢実現・目的達成のための考え方と心身のトレーニング」をご覧ください http://bvt.txt-nifty.com/trainersen/

19.ヴォイストレーニングの考え方

受容力

自分の判断は大切ですが、トレーニングでは、まずはアドバイスを受け入れることです。そして実行することです。自らが考えるのは、後にしないと、一人よがりになって、伸びなくなります。あらゆるものは、学びの材料です。何でも人が興味を持つものは、見た…

優先と重要度☆

応用することで、完璧にできたことにはならないです。このことがわかっていたら、自らの弱点に気づきます。しかし、それはすぐ解決しないことです。長所、強みが出るまで放っておいてもかまいません。 なのに、多くのヴォイトレは弱点の克服だけに専念させて…

即興を旨とする

自分の思い込みや計算が、自分の声の使い方や真実をゆがめてしまうことは少なくありません。経験、知識、勉強は大切ですが、それを一時、切ること、新たなものへ価値を見いだすことがもっとも大切です。 常に、次の可能性への瞬間に身をゆだねるのです。 ・…

トレーニングにおける形と型

始めからマニュアルがあるとよくありません。形に頼ってしまうからです。頭にあることでレッスンの邪魔をしてしまうからです。レッスンに入ったら、考えを切り、集中しましょう。 形とフォームは、違います。形から入ってフォーム(型)ができてきます。しか…

足らないものより、優れたものに目を向ける

足らないものを補うためにトレーニングをするのは、悪いことではありません。しかし、声、せりふ、歌に関しては、それは補強にすぎません。本当の目的は、自らのオリジナルな可能性の方をを伸ばすことです。 ・高い声が出ない ・音程が悪いといわれた ・声量…

アーティストのためのヴォイストレーニング

アーティストとは、制作者で、自分にしかない作品をもつ人です。プロとしては、売りものをもつ人、CDでもライブでもよいでしょう。その元となるのが、歌、そして声です。 ヴォイストレーニングは、アーティストにとって、声を扱う楽器としての基礎勉強であり…

努力のプロセスを明らかにすること

ヴォーカリストに関しては、努力をしているのに方向違いであったり、どれだけのことをしなくてはいけないのかがまったくわからないまま、日々不安に過ごしているのが現状のようです。自信と確信のないところでは、上達することは難しいものです。 信じること…

トレーニングでのコントロール

長期的にみなくてはいけないものを早くあるレベルにまで高めるということには、無理が伴わない方がおかしいのです。たとえば、トレーニングを行なうと腹筋やブレスは半年でも相当強くなります。そうでなくては、プロの体にはなっていかないから、そうせざる…

オペラみたいな発声

よく「声楽をやると、オペラみたいな発声になりますか」と聞かれます。 この“オペラみたいな発声”のイメージを、日本人の中途半端なオペラ歌手が助長してしまいました。 私はダンスでコンテンポラリーをやる人に、クラシックバレエが基本となるというような…

声楽を活かす

「声は強くなるのか」というのも、大体において、強くなると思ってよいでしょう。それを共鳴の技術でカバー、コントロールするのでなく、それだけで歌にしようとしたところでおかしくなってきたのです。 声楽は土俵がはっきりしているため、評価の基準がわか…

真の指導とは

真にすぐれた指導というものは、本人さえわからないうちに、本人に努力を強いている結果、本人の力でものごとを成し遂げさせます。そこで感謝もお礼も求めません。やれる人は自分の力と信じてやっていくからです。 本人がひたすらやりつつ、工夫しつつ、成功…

始めてから見失うこと

多くの場合、最初に見えていたはずのものが、渦中に入ると曇ってくるものです。青い鳥を求めるように、どこかに正解があると、それを探したがるからです。相手にそれを求めるのです。日本人は、殊にそれを他の人のもっているものへと追い求めます。追う間は…

学ぶ力をつける

経験がどう生かされるかというのは、あとにならなくてはわかりません。合っていないようでも、長い人生においては、否定できることはそうありません。人生には何一つ無駄がないのです。それに投じた時間とお金を無駄にしないように、頑張ってください。 何事…

独習の難しさとレッスン

独習は難しいというのは、より厳しい判断基準をもって行なうには、ということです。判断基準そのもののレベルアップこそが、決め手です。独習には、あなたにプロの耳が必要です。判断ができなくなれば、師につくことです。 トレーニングというのは、基本的に…

トレーニングの効果

トレーニングの効果というからには、素人離れするもの、絶対的な力のつくものとしてみています。一声で違いがわかるということです。そうでないと比較もできないでしょう。つまり、体の条件レベルで大きく変わるということです。 仮に、野球でイチローを手本…

真の声は迷わない

私は「迷わない声でも間違っていることが多いのに、本人が迷うくらいなら、すべて違うと思った方がよい」、それは「間違っているのでなく、深められていない」と思えばよいと述べてきました。すぐにできて、そのため深められなくなるのが、間違いであるのに…

教えることは伝承ではない

ヴォイストレーナーも多くなり、いろんなトレーナーもきます。 声は、相手にもいろんな問題があって、一人の専門家だけでは対処できないものです。私も医者や声紋分析、語学音声学の学者も含めて、情報交換しています。それでさえ、どうしても分からないこと…

学び方のレベルでの限界

本を読んだ人の多くもミスを犯します。レベルが違うのならまだよいのですが、明らかな方向違いも多いです。つまり、そこで受け手の才能ともいえる学び手におけるレベル(これは、キャリアでなく、才能、勘のようなもの)が問われてしまうのです(独学の限界…

教え方のレベルでの限界

トレーナーから言われると、疑いもせず信じ込むのはいかがなことでしょう。この積み重ね、師→弟子→弟子の実体を伴わない、ことばだけの口移しの伝達が、真実の成果を損ねていきます(トレーナーの指導法でのことばの限界)。 右によりすぎたのを左に戻そうと…

本当に大切な問題をどのように考えるか

ことばと実際にできている状態がどこまで対応しているかということになると、ことばでのやりとりは、およそ無効です。たとえば、この場合、二つの発声をきちんと高度なレベルで区分けして、できているなら、使い分けたらよいだけのことです。どう活かせばよ…

トレーニングで声は変わる

トレーニングをすれば声も歌もよくなることを私自身、結果として、出してきました。しかし、それを世の中の人が必ずしも求めているのではありません。 あなたの声も歌も身内以外、誰も求めていない。人々は、自分にもっともパワーを与えてくれる人の声を求め…

才能と勘

何ごとも、才能がいります。誰でもなんらかの才能はあり、それを生かせる人生は輝きます。才能をものにするにも認めさせるのにも、それなりの努力も必要です。 しかし、それをとことん試すための試練も与えられずに、楽しくやっているうちに歳月が過ぎ、才能…

万能なトレーニングを考える

1.トレーニングは、器を大きくし、可能性(限界)を広げていく。 歌は伝えるための器のなかで切りとり、作品として最高のものに編集していく。 花壇づくりと活け花のような関係。 2.どんなメニューがよいかは、目的にどう結びつけるかで決まる。目的に結び…

トレーニングの考え方

8.正誤ではなく、できたら、あなたが惚れ込むだけのものにする。 それで終わるのではなく、すべてはそこからである。 9.トレーナーにつくのは、問題をはっきりとさせ、解決の糸口をつけるためである。 自分自身で問題を自覚できるようになることと修正でき…

論理的につめてメニュをつくる

二つ以上の問題が矛盾していることをつかめば、そこにチェックのためのメニュー(認識)と解決のためのメニュー(トレーニング)ができます。 7.対立させられる二軸に対しては、論理的にその間にメニューを詰めていくと解決に近づく。少なくとも、問題がよ…

早くうまくなることのリスク

たとえば、一時悪くなるけど、あとで効いてくるものと、一時、効果は出るが、大してあとも変わっていかないものがあります。これに関しては、トレーニングとして、前者をとるべきですが、なかにはそれを一時でみて、間違ったとか、下手になったと見切ってし…

効果を出し、力をつけるトレーニング

養成所が与えられるものというのは、本番以上に厳しい場とそこで耐えうる習慣だと思います。伝わる伝わっていないというのは、否応無しにわかってくるところでなくてはなりません。とことん音声に敏感になれたら、ということです。そうやって、ようやく自分…

あなた自身の声、そして歌に気づくこと

自分のものがいつ出てくるかというのは、誰にもわからないのです。 続けていくには、手間ひまをじっくりとかけることです。そのことを最優先して生きることです。作品そのものからインスピレーションを得て、トレーニングの方法を自分で発見し、それを実践し…

徹底した基本のマスターを

発声なども、1曲を繰り返し徹底してマスターすれば、ほとんどの問題は解決するはずです。もちろん、何事も発声法だけで解決するものではありません。 複合的なものを入れては出して、繰り返すのです。いつかそれを忘れたときに歌が出てくるのです。だから、…

お勧めできない

世の中には、正解が一つと思う人が多いのには、閉口させられます。正しいやり方、正しい声、正しい歌、正しい人、そんなものの考え方、見方ほど、アーティックなものと反するものはないのです。 プロとして、世の中でやっていくのには、世の中に出ていない人…