ヴォイストレーナーの選び方[アーカイブ版]

声、発声、聞くこと、ヴォイストレーニングに関心のある人に  バックナンバーは「夢実現・目的達成のための考え方と心身のトレーニング」をご覧ください http://bvt.txt-nifty.com/trainersen/

オリジナリティの価値

 歌のオリジナリティは、あなたの持ち味を生かせるかどうかなのです。

はじめてやったからとか、他人と違うことをやるのがオリジナリティというのではありません。人と同じことをやりながら、そこに埋もれず、その人らしさが光る、というのが、本当のオリジナリティというものでしょう。何を歌っても、曲や歌の中にあなたが埋もれてしまわないこと。それだけのものをあなたはみて、自分の声や声の使い方を磨いてきましたか。 

 あなたは自分の最高のセッティングが、選曲、テンポ、キィでわかりますか?

 あなたと曲とが本当に一体になって迫ってくる、存在感とパワーが感じられるステージに、人は心を打たれるのです。このパワーの源がオリジナリティなのです。

 世界にはたくさんのよい曲があります。それをオリジナルに歌う練習が、力をつけると思います。テンポもキィも変える。スタンダード曲をオリジナルに歌唱するところから入る、オリジナルに編曲、作詞し、リカバーするのは、もっともよい練習です。

 とにかく「誰かのようだ」「聞いたことがある」「古い」と思われるものは、求められるオリジナリティとは違うのです。とはいえ、それぞれのスタイルでプロとして通用している皆さんは、それぞれによいのです。私でなく、ファンが決めるのですから、好き好きで、成り立っているものには、理由があるのです。

ヴォイストレーニングは、自分の声の使い方のノウハウと思われていますが、私はオリジナリティ(自分のデッサン、線=フレージング、色=音色)を見つける手段だと思っています。