ヴォイストレーナーの選び方[アーカイブ版]

声、発声、聞くこと、ヴォイストレーニングに関心のある人に  バックナンバーは「夢実現・目的達成のための考え方と心身のトレーニング」をご覧ください http://bvt.txt-nifty.com/trainersen/

高い声の発声の問題

原因の多くは、ヴォーカリストが高い音をしっかりと捉えて、歌えていないからです。表現から考えて、もっとも伝わる域で歌うようにキィがよいと思います。声域や声量での問題というのは、体という楽器をしっかりとつくっておくと、なんとかなるものです。そうなると、感情を表現できる声の出し方でことばと響きのバランスをとりつつ、音楽的にも成り立つところは、おのずと限られてくるからです。

きちんとやっていない人が、高音を出すと、それまでに片づけなくてはいけなかった問題が同時に複雑に生じます。喉を締め、首を締め、力で無理にあてます。音域が広がっては、また狭くなるという、繰り返し。そこから脱したときには、本人は習得したつもりでも、くせのついた発声になるか、あとに喉を痛めてしまう結果となります。ヴォーカルとして体が充分に使いこなせるだけの楽器になっていないと、どうしようもないのです。