ヴォイストレーナーの選び方[アーカイブ版]

声、発声、聞くこと、ヴォイストレーニングに関心のある人に  バックナンバーは「夢実現・目的達成のための考え方と心身のトレーニング」をご覧ください http://bvt.txt-nifty.com/trainersen/

ハイトーンの声への挑戦

歌の勉強やヴォイストレーニングをしたいという人の大半は、まず、高い声を出すことを目指しているようです。演歌、ニューミュージック、欧米のロックなどの曲のつくりも、相当高い声まで使っているために、高い声が出せることが歌をうまく歌うための絶対条件と考えている人が少なくありません。何よりも届くかどうかは、チェックが簡単だから、挑戦しやすいのでしょう。トレーナーのサービス精神がそれに拍車をかけているように思います。

単に高い声を出すだけでしたら、さほど難しいことはありません。高い声で続けて練習していると、出るところまで出ていきます。しかし、それは歌うときに大して使えないことが多いのです。実際は1オクターブも聞くに堪えない声の人ばかりだからです。それどころか、喉を痛める原因をつくってしまいかねません。本当に聞かせたいならば、うまく出せていない高い音にとらわれすぎないことです。