ヴォイストレーナーの選び方[アーカイブ版]

声、発声、聞くこと、ヴォイストレーニングに関心のある人に  バックナンバーは「夢実現・目的達成のための考え方と心身のトレーニング」をご覧ください http://bvt.txt-nifty.com/trainersen/

パワーとインパクト

多くの人を感動させるのに、パワーはなくてはならないものなのです。ただパワーと感じられるものは、声量だけではないということです。むしろ、インパクトとしての鋭さ、変化、動きの方が問われます。

歌は声の大きさでなく、イメージの大きさで歌うのですが、感覚に体が伴わない伝わりにくいです。

そこでトレーニングでは、結果として、その人にとって最大の声量の獲得を、そのためでなく、そのプロセスで得られるもののために、セットします。

ミニマムでマックスの効果が出てこそ芸です。トレーニングはマックスでマックスを極めることに挑みます。器を広げるためです。海外のヴォーカリストの響きがうるさくないのは、深い声で柔らかく扱っているからです。

大音量で聞いてもうるさくないヴォーカリストがすぐれているのです。響かせ方でなく、声まとまり、声の焦点をイメージしてください。つまり、どんな声量のある声もそこに一本の線がみえ、その動きがみえ、それが働きかけなければ、歌は伝わらないのです。