ヴォイストレーナーの選び方[アーカイブ版]

声、発声、聞くこと、ヴォイストレーニングに関心のある人に  バックナンバーは「夢実現・目的達成のための考え方と心身のトレーニング」をご覧ください http://bvt.txt-nifty.com/trainersen/

腹式呼吸の習得は急がないこと

簡単にいうと、胸の周りに吸気を入れて、肩や胸が盛り上がると、よくありません。胸式呼吸といわれます。

手をウエストの両わきへあてるのは、チェックのためですから、いつもはやらない方がよいです。そのとき、肩、胸が上がったり、力が入ったりしてはいけません。そうなる人は、胸を心もち、あげておきましょう。お腹の周り全体が外側へふくらむのが感じられますか。

最初はわかりにくいので、上体を前方へ倒したり、座ったり、寝ころんだりして、息と体(お腹)との関係をつかむとよいでしょう。実際の呼吸は、腹式と胸式が組み合わされており、どちらかに切り替えるものではありません。

腹式呼吸だけでは声は出ません。腹式呼吸は出ている声を扱うための方法にすぎません。しかも、腹式呼吸は、誰でもすでに身についているのです。私たちはふだん、あるいは眠っているときに、無意識のうちに腹式呼吸を行っています。ですから、発声に伴って、腹式呼吸が無意識的にできるようになる必要があるということです。意識的にトレーニングするのです。

つまり、腹式呼吸は、それ自体がマスターとか、完成という段階があるのではなく、使うことへ対応できる程度問題なのです。役者や歌手でも必要度はそれぞれに違うのです。付言すると、あがってしまうなどというのも、この腹式呼吸でかなり改善されます。