NEWヴォイストレーナーの選び方[アーカイブ版]

声、発声、聞くこと、ヴォイストレーニングに関心のある人に  バックナンバーは「夢実現・目的達成のための考え方と心身のトレーニング」をご覧ください http://bvt.txt-nifty.com/trainersen/

トレーナーの出身別活用法

出身別にトレーナーの得意なところを述べます。私は自分で体現できたことを自分でない他人にも通用させるのに、また自分の直感を客観的基準としてみるために研究してきました。才能ある他人の判断基準を学び、科学的な測定や実証に携わってきました。

トレーナーもそれぞれのタイプによって、目的や判断基準が違っています。

1)プロデューサー 1.曲、詞、声 2.バンドの色 3.キャラクター

2)声楽家     1.発声、呼吸法 2.ひびき 3.声域、声量(歌唱法については、のぞく)

3)音声医     1.のどの状態 2.声の診断 3.病気の治療

4)作曲家     1.メロディ、ことば(感情) 2.歌心投入 3.曲に正しく合わせる

5)俳優       1.ステージパフォーマンス、動き 2.ことば、発声、感情表現 3.表情、表現力と演出

6)ヴォイストレーナー(私の考え方)

 1.歌の構成、表現力 2.フレーズの音声力(音色、グルーヴ) 3.発声の基礎