ヴォイストレーナーの選び方[アーカイブ版]

声、発声、聞くこと、ヴォイストレーニングに関心のある人に  バックナンバーは「夢実現・目的達成のための考え方と心身のトレーニング」をご覧ください http://bvt.txt-nifty.com/trainersen/

イタリア語使用の意味

日本語はベースですがその他に、英語よりもイタリア語を発声に使いたいと思ったのには、いろんな理由があります。第一に日本語よりも発声に使いやすい、特に日本語でのトレーニングで行きづまった人には効果があります。第二に意味のわからない、これがとても好ましいのです。

 音声を楽器レベルで使おうとするのがブレスヴォイストレーニングです。歌詞やストーリーにあまりに重点をおくと、音色とフレーズのデッサンという音楽的奏法への関心が失われます。ただでさえ、日本人は詞、ことばの方に傾倒しやすいのです。そのうえ、欧米から音楽が輸入され、そのコピーを身上としてきた経緯もあります。つまり、歌では音色での表現があまりにも問われなかったのです。