ヴォイストレーナーの選び方[アーカイブ版]

声、発声、聞くこと、ヴォイストレーニングに関心のある人に  バックナンバーは「夢実現・目的達成のための考え方と心身のトレーニング」をご覧ください http://bvt.txt-nifty.com/trainersen/

体を元に考える

今のポピュラーのヴォイトレというのは、高い声で出す、そのために喉声を回避します。喉声ゾーンを避け、喉の息をあけ、頭声にひびきをもってきます。ほとんどこれだけのノウハウです。日本の声楽も高音域獲得のために、同じことをやってきました。頭声から入って、小さな声しか使わないことでカバーします。リスクはなくなるのですが、形だけのノウハウです。声を調節するだけでなく、声を鍛えてまで変えるという考え方をとっているものは少ないのです。ですから体が使えないのです。私のヴォイストレーニングに胸声、頭声を加えて全体像としてわかりやすくしました。