ヴォイストレーナーの選び方[アーカイブ版]

声、発声、聞くこと、ヴォイストレーニングに関心のある人に  バックナンバーは「夢実現・目的達成のための考え方と心身のトレーニング」をご覧ください http://bvt.txt-nifty.com/trainersen/

「のどを鍛える」ということ

声帯を鍛えるという考えの人には、アナウンサー、役者、声楽家の一部では、確かな音源として、息を強くして強い声にしようとしている人もいます。ひびかせるにも、声になっていなければ仕方ないので、一理あると思います。私は、低いところでのどの開きをキープするため、軟口蓋を感じる音としてガ行を使っています。

 ほとんどのトレーナーが否定するのは、大声トレーニングです。特に大声で高い声を出そうとすることです。喉で無理に声をつくった人のなかに、あとで脱力したやり方を知って、自分は方法を間違えていたと思う人が多いからです。もしその後、その人が発声をマスターしているのであれば、この無理、無駄なようなトレーニングが、実のところ、効いたのかもしれません。ここは微妙な問題なのですが、誰しも今の肯定のために過去を否定したがるのです。そして、そういう人は他人に苦労させたがらないのです。