ヴォイストレーナーの選び方[アーカイブ版]

声、発声、聞くこと、ヴォイストレーニングに関心のある人に  バックナンバーは「夢実現・目的達成のための考え方と心身のトレーニング」をご覧ください http://bvt.txt-nifty.com/trainersen/

声でみる

  みる人がみたら、すぐわかるので、声は厳しい世界です。声でなく、特別の何かをしないとプロの声とわからない、というレベルでは、声でなく、俳優や歌手ということでの専門性に思えます。私は、ヴォイトレは声そのものを変えるものと、捉えています。

 トレーナーの面談採用も、今はほとんど推薦です。私は、声でみます。次に演奏力よりも指導力です。これは、ここでもゼロから学んでいってもらいます。

 

 日常性の中にある声や歌は、感覚や体が大きく変わらないと、技術では、本質的に変わりません。変じて器用にみせられるようになるだけです。それもノウハウですが、根本的に変えたければ習慣や環境から変えるのです。

あなたにとって、それは最初、非日常になるのです。そのためにレッスンがあり、レッスンからトレーニングで身につけていくのです。

 ゆとり世代からは、褒められ、プライドを満たされないと、続けられない人が多くなりました。芸事もビジネス化が進み、よい人材が育ちにくくなりました。

 邦楽界に残る縦社会をみると、昔は当たり前のことが、少しずつ消えつつあることが伺えます。これでは昔の人に勝てないのです。半年ほど休んでも、毎月月謝を払い続けるような邦楽にみられる日本の伝統芸の考えは、崩れつつあります。