夢実現・目標達成のための考え方と心身声のトレーニング(旧:ヴォイストレーナーの選び方)

声、発声、聞くこと、ヴォイストレーニングに関心のある人に  バックナンバーは「夢実現・目的達成のための考え方と心身声のトレーニング」をご覧ください http://bvt.txt-nifty.com/trainersen/

19.ヴォイストレーニングの考え方

体操のように

ビギナーズラックが最も起こりやすいものとして、話やスピーチなどと似て、歌はど素人が、なりふりかまわずやって、プロより受けることもあるのです。 歌唱や発声は、体を動かすこと、体操のように考えてみるのもよいと思います。声を動かすと言っていますが…

声へのアプローチ

声に集中して、声そのものと一体化するのが理想です。しかし、理想は難しいことなので、ヴォイトレでは要素別に分けてアプローチすることになります。高さ、大きさ、長さ、勢い、音色、響きなどを、それぞれで感じてみましょう。わかりにくければ、高さ―音色…

機能を求めない

私が思うに、ヴォイトレをしている人でさえ、ほとんど自分の声の音色には関心がいっていないようです。日常に使っている声といっても、多くは、発音や滑舌、喉の調子などを気にかけるくらいでしょう。正しさ、明瞭さ、勢いなどの機能と印象で聞いているだけ…

メリットを求めないこと

効率よくメリットが得られるものを求めても、それでは本当には続かないのです。それは、小賢しくそのままであることを欲するからです。大きく変わることがないからです。それゆえ、そういうことを勧めると売れるし、番組や本もそういうことをくり返し伝えよ…

楽器としての声の成立

声は楽器が体内にあるので、楽器や道具との一体感などということ以前に、すでにシンクロしています。すでにそうなっているために、うまくいっていないだけに厄介なのです。 1.距離がとれない。2.心身の影響をそのまま受けてしまう。3.取り替えられない 楽…

原点と応用

表現→声でなく、声→表現に、ヴォイトレは、基礎→応用とすることです。 a.体→呼吸→声→共鳴→フレーズ b.声→発音→ことば→歌詞 c.リズム→メロディ→フレーズ 左側が原点、右側へ行くほど応用です。体と声を一体化させていく、せりふ、歌にする。 そのための声…

ピークの声と過剰な声

トレーニングで出せる声以上のものは、ステージで出ません。しかし、スポーツなどと同様、観客のパワーやTPOでの集中力、テンションにおいて、ステージで大きく化けることがあります。練習では全力で、ステージでは人に伝わるように、よい意味で抑制がかかる…

全力の声

ステージで思いっきり声を出す、といっても、コントロールできるのは70パーセント、マックスで80パーセントでしょう。100パーセントのときは、もしありえたとしたら、多分、全能感しかないはずです。 日本のクラシックならもっと制限するというのが真っ当か…

ヴォイトレと歌の判断

歌の練習とヴォイトレの勉強は、異なるのです。難しいのは、ヴォイトレに歌の判断、つまり、自分の今、歌っている声での歌い方、技術的な改良を即効的に学ぶべきものと思っているケースです。高く出せればよいとか、大きく出せればよいと思うと、早いやり方…

差と変化

応用の応用と基本の基本は、真逆であるといえるのです。 共鳴、発声、体については、調子がよいとき以外、伸びや響きが不安定です。発声の安定については、「常にいくらでも使えるのか」でみるとよいでしょう。休みを入れないと回復しないとか、声量を抑えて…

実感の間違い

有名であったり活躍していたら、本人は、自らの実績に基づいた自信があるので、時間のかかるときがあります。感覚も体も、よくも悪くも年々変わるので、過去のことは過去のものです。 専門が声ではないケース、他の分野の活躍の実績上の歌なら、声については…

天性とマイケル・ジャクソン

子供を合唱団に入れるか、演劇部に入れるか、相談を受けたことがあります。どちらでもかまわないと思います。子供に選ばせるのがよいかとなると、本当は問題です。でも親が責任をとれないのですから、本人のやりたい方に、となります。好きな方、興味がもて…

大きな声☆

モチベーションを高めるには、大きな声を出せばよい、すると皆、それにつられるからです。つられて声も出ます。代表は応援団の発声です。子どもやメンタルで縮こまっている人には効果大です。 とはいえ、一部の人を除き、そこに基礎とのつながりや、その先に…

声がある

一流と二流の差は、イメージ、感覚ともいえるのですから、これはトレーナーの見本でなく、一流のプレーから叩き込むしかありません。視覚以上に聴覚には差があるというか、まさにみえないので難題です。そこは、感じるものなので、量よりも質、気づき、聞き…

前提を疑う

目指したいイメージでのヴォーカル像、声や歌い方と本人がもつ資質や能力が明らかに異なるときは、慎重に時間をかけることです。合っていないと否定するのは簡単ですが、何事もやってみないとわからないのです。表向きでなく、根本から変わるためにトレーニ…

「それ以上」の上達

本人と歌とヴォイトレの関係は、これまでいろいろと述べてきたのですが、一言で要約します。 本人がよいと思った声、発声、歌と、本当によい声、発声、歌にはズレがあります。それに気づかないことが、「それ以上」の上達を妨げるということです。 本人の実…

守りの前に

例えば、調子の悪いときは、声量が出せません。出せてもセーブすることです。リスクが大きいからです。高いところで大きく続けて歌うと声が出なくなるのです。しゃべりすぎやアルコールも原因となります。 調子のよいときにこそ、声域、声量、その関係に関心…

感覚と体のズレ

ヴォイトレの最大の問題は、本人の感覚と本人の体とのズレです。自分の好み、イメージと、生まれもって与えられた楽器である体とのズレです。 ヴォイトレの基本である発声は、本人のよしとするものと、客観的によいとされるものが一致しにくいのは、よく知ら…

ベターよりベストのために☆☆

上達には、目をつける的があって、そこへ全てを集めるという感じです。的=焦点へ絞り込んで、可、不可を決めていくのです。声の場合、芯と共鳴の焦点と線などで例えてきました。 私は、その基礎→応用の前に、遊びという、応用をおくように提唱してきました…

選ばない

最初から自分で選んで、歌に使えそうな声だけ使ってきて、さらにトレーナーに選んでもらうのは、限定しすぎです。これは、本当は、最終段階に行うことです。これまで出したこともないが出せる声、出るようになる声もあるのです。それを取り出さないと本当の…

トレーニングメニュ

トレーニングメニュは、メニュそのものが目的ではなく、何らかの目的のために使うのです。☆ ですから、すぐにできなくてはよくないのではありません。順番や重要度には柔軟であってよいのです。 使いにくい人は、使って却って力が入ってはなりません。なぜで…

カムバック

現実的には、回復を優先する必要があることは、少なくありません。 第一に、ケアそのものが目的のとき、医者からの紹介の人などです。手術後のリハビリのケアは、トレーンングではありません。言語聴覚士の役割に近いところで、ケアとなります。このときも、…

使い込む

体の器官を使って、機能として出す声は、長い歴史をもちます。そのなかで、ことば、歌とともに発展させて継承してきたものです。一人ひとりの個体に生活上、必要なものです、根本的には人類の種の存続に必要であって、その目的に合うように発展してきたので…

問題以前のこと

体は一人ひとり違います。平等でもありません。また、同じ人でも体は毎日違います。よくも悪くも日々、変わっていきます。その全てに対応できる一つの方法などありません。方法も対処のし方も変わっていくのです。 それを固定したときからギャップが広がりま…

声とライフスタイル

あなたのライフスタイルを変えることを強いることはありません。自分でヴォイトレの必要性を高め、基準をアップさせられる材料を提示します。あとは、あなたがどう感じ、どう動くかです。感じるよりも動くことが大切です。動くだけで感じられないなら、止ま…

レベル

一流というのは、何事を一つとっても数段深いものです。ちょっとした違いがちょっとでなく、とても大きいのです。後々のことにも備えができています。さすがに、そういう人は声の分野では本当に少ないのです。直感、実感が素の感覚を妨げているのには、もっ…

回避法

喉が疲れたり、喉に負担のかかる発声をしている人は注意しなくてはなりません。そうでない大半の人は、喉に負担をかけていないので話したり歌ったりできます。それは、発声のための心身ができているのでなく、浅いからです。 浅いのは、深いの逆です。でも、…

アスリート並みに

すぐれた歌手や役者の心身は、アスリート並みです。反射神経も運動神経もずば抜けています。そうであっても、できないというところからヴォイトレに入るのが正攻法です。 一般の人でもアスリートまではいかなくても、かなりの体力、集中力を得て、大きなエネ…

慣れと量

目指すのが少しの上達、自分の100パーセントに戻すこと、すぐに楽しく、迷わず、考えず、うまくなりたいーのであれば、基礎に入らない方がよいのです。 A:何もしなくともうまく歌える人と、B:どんなにやってもなかなかうまく歌えない人がいますね。そこも…

「選別、調整」「鍛錬、ブラッシュアップ」

バランス(声域、高音)を優先して成果をみえやすくすることは、よいとか悪いとかでなく、何を優先し何を重要視するのかの違いとはいえます。 基礎が大切なのは言うまでもありません。応用してからの基礎は完全なフォームのつくり直しになる。それもよしとし…