ヴォイストレーナーの選び方[アーカイブ版]

声、発声、聞くこと、ヴォイストレーニングに関心のある人に  バックナンバーは「夢実現・目的達成のための考え方と心身のトレーニング」をご覧ください http://bvt.txt-nifty.com/trainersen/

トレーナーの思い込みと喉ロス

トレーナーが手っ取り早くまねて、歌って、それをそっくり真似させて習得するのは、形をつけるのに早い方法です。いわば、口移しのようなものです。ただし、皆、トレーナーと同じような発声、歌い方になります。

 若いトレーナーには、人を育てたり、5年、10年と人をみつづけた経験はありません。

 なぜ、そのトレーナーは、プロ歌手にならなかったのか、なれなかったのか。ルックス、スタイル、カリスマ性、ヒットに恵まれなかった、それとも、教えているから、教えたかったから、教える才能があるからでしょうか。

 他人に声を教えることは、自分ののどをロスしがちです。少なくとも自分の声が鍛えられ、自分の声を知り尽くしてからでないと、トレーナーという危険な仕事は、お勧めできません。