ヴォイストレーナーの選び方[アーカイブ版]

声、発声、聞くこと、ヴォイストレーニングに関心のある人に  バックナンバーは「夢実現・目的達成のための考え方と心身のトレーニング」をご覧ください http://bvt.txt-nifty.com/trainersen/

本質把握

知識や肩書、あるいは人間的なコミュニケーションでカバーしようとするトレーナーは、気づくことがありません。本質を観ていないからです。

 本質を観ていたらメニュも方法も、毎回、相手別にも変わり、進化するものです。体制も組織も次代に対応して常に変革せざるをえないものでしょう。

 その上で変わらないものがあるのです。それを私は基準といっています。これは、一番ベースのものが不変で、レッスンの中では毎度変わる、つまり応用されていくのです。

 自らの声を変えることを他人の声を変える前に徹底して行い、声ということをとことん知ることです。自分の限界がみえて初めて、他人を使うことも、他人に対して、どのくらいのことができるのかもわかってきます。声の力を伸ばすというのに、声自体の目標の程度が低いというより、曖昧なのは、ずっと気になっています。