ヴォイストレーナーの選び方[アーカイブ版]

声、発声、聞くこと、ヴォイストレーニングに関心のある人に  バックナンバーは「夢実現・目的達成のための考え方と心身のトレーニング」をご覧ください http://bvt.txt-nifty.com/trainersen/

胸声への理解

日本の歌手やトレーナーに絶対に欠けている感覚が、胸声の理解と習得です。それがあるので、私は、高声や1オクターブ(一番低いところからは2オクターブ)上の発声や共鳴も、ふしぜんにつくるのと違うところで理解できます。

 声帯や目指す声のイメージは、人それぞれ違うのですが、私は、歌手の声と一般の声とを分けていません。テノールやソプラノは、ふつうの歌と全く違う声という立場の人もいます。

 私は低い方の声もあるので、多くのトレーナーの高い方ばかりの指導と異なるところも多いです。

日本のように”まね”から入ると、高い声が求められる傾向が強いため、本当の基礎がなおざりになってきたといえます。