ヴォイストレーナーの選び方[アーカイブ版]

声、発声、聞くこと、ヴォイストレーニングに関心のある人に  バックナンバーは「夢実現・目的達成のための考え方と心身のトレーニング」をご覧ください http://bvt.txt-nifty.com/trainersen/

理屈

声に関わる専門家やトレーナーには一匹狼の人が多いものです。私もいろんなところに呼ばれると、他の専門家と一緒にやることもあります。しかし、他のヴォイストレーナーと一緒という場は、ほとんどありません。トレーナーとしては一人、あとは、医者やアーティストなど、異なる分野の専門家と行うことがほとんどです。企業や文化人の研修などでは、声と体を使うことで異質的なのです。

 お山の大将となると、そういうなかで、同じミスを犯していることがあります。ミスはともかく(というのも何をもってミスとするかは一概にいえないからです)、ミスしている可能性に気づいていないのが致命的なミスなのです。

 最近はどういう分野でも、「科学」や「理論」という「理屈」「裏付け」を欲しています。なおさら知識によるミスが見えなくなっています。医者も学者もトレーナーも、よほど気をつけないとそうなってしまうのです。実際に声の分野は詳しい人が少ないので称賛されても、批判はほとんどありません。

 私のように、自らの理論を仮説とし全能でないことを前提に、基礎を語ったものさえ、多くの人はバイブルのように信じたがるのです。何であれ知識や理論、考え方というのは、具体的に適用するのには、厳しい節度をもち、制限して使うことが必要です。それが前提なのです。こういうこともたくさんの人と長くやってきてわかったことです。