ヴォイストレーナーの選び方[アーカイブ版]

声、発声、聞くこと、ヴォイストレーニングに関心のある人に  バックナンバーは「夢実現・目的達成のための考え方と心身のトレーニング」をご覧ください http://bvt.txt-nifty.com/trainersen/

「総合カルテ」をつくること

個別の完成について、私は次のようにみています。

総合的なデータ(他人と共通であり、比較できる)から、個人の適性、レベルを知って、個別のメニュにするのです。

 

a)声域(周波数)、最適音、低、中、高音域

1.1音~半オクターブ

2.半オクターブ~1オクターブ

3.1オクターブ~2オクターブ

 

b)声量(振幅):量感、ダイナミックさ、メリハリ、pp<ff(p、mp、mf、f)

1.体と呼吸

2.発声と共鳴

3.結びつき、体―息―声―共鳴

c)ことば:共鳴、構音(調音)

1.1音、母音、ハミング、リップロール

2.子音、ことば、

3.せりふ、歌詞

 

d)長さ、ロングトーン、レガート

1.1つのフレーズ

2.Aメロ/Bメロ/サビ

3.1曲(1コーラス、フルコーラス)

 

e)構成

1.終止:ひとこと(フレーズ)を言い切る

2.間:メロディフレーズのあとの余韻

3.展開:フレーズと離し方、次の入り方の組み立て