ヴォイストレーナーの選び方[アーカイブ版]

声、発声、聞くこと、ヴォイストレーニングに関心のある人に  バックナンバーは「夢実現・目的達成のための考え方と心身のトレーニング」をご覧ください http://bvt.txt-nifty.com/trainersen/

万能になりえない

「万人にとっての万能なトレーナーはいない」

 私の専門外のことは、専門と思う人にまわします。声については、専門家はあまりにも少なく、しかも、何をもっての専門で、どうみて、そう対処するかは、わかりにくいものです。適任の人を選ぶだけでも多くの課題があるのです。

 音声に強い先生でも、かなり見解が違います。まして、ヴォイストレーナーはとなると。

何でもできると豪語する村医者のような人もいます。が、次の点からみましょう。これは研究所のトレーナーに対してきたアドバイスですが。

1.とても伸びている。→でも、別のトレーナー、別のメニュ、方法なら、もっと伸びた可能性はないか。(トレーナー、別のメニュ、方法など)このケースでも「早く伸びる」と「大きく伸びる」では異なります。

2.あまり伸びていない。→でも、別のトレーナー、別のメニュ、方法ならもっと伸びなかったのではないか。

これは、伸びる人はどのトレーナーでも(ここの研究所以外のトレーナーを含められることもあります)、あるいは一人でやっても伸びるケースが多いです。その逆では、誰についても声が伸びないことがあるということです。