ヴォイストレーナーの選び方[アーカイブ版]

声、発声、聞くこと、ヴォイストレーニングに関心のある人に  バックナンバーは「夢実現・目的達成のための考え方と心身のトレーニング」をご覧ください http://bvt.txt-nifty.com/trainersen/

未成熟な声への判断

本来、表現で問うものを、「大きく」「小さく」とか、「早く」「遅く」とか、「音程」とか「レガートやロングトーンのキープ」「ふらつかない」とかいうことばを使わざるをえません。現場での注意には、残念ながら、声や歌に対して未成熟な日本らしさを感じます。

 本番前の稽古で、「せりふを間違えないで覚えてきてください」と言わなくてはいけないような役者を、オーディションで選んでいるということです。これは役者でのたとえで、歌手の例では、歌で選んだのに「歌詞を間違えたり、音程を外さないでください」と、私からすると声についての初心者の注意を受ける人が舞台にいることです。

 人の層もレベルも、支えるスタッフも、圧倒的に向こうとは違うのです。

 大きな舞台をたくさんやっているところはありますが、声や歌、音楽に重きをおいていないように思います。それゆえに続けられるシステムに学べることも多いでしょう。