ヴォイストレーナーの選び方[アーカイブ版]

声、発声、聞くこと、ヴォイストレーニングに関心のある人に  バックナンバーは「夢実現・目的達成のための考え方と心身のトレーニング」をご覧ください http://bvt.txt-nifty.com/trainersen/

人に学ぶ意味

ならば、自分で思うまま、独りよがりでやっていけばよくて、人や他人に学ぶ意味はあるのか、となるでしょう。そこでいうなら、「すべてが正しくなりうる」のであって、「すでに正しい」わけではないのです。

「あなたが絶対に正しく、あなたの全てが正解になる」ため「あなたがあなたを認められる」ために、あなたは、いつか他の人の力が本当に必要になると思うでしょう。

そこで、必要となる人と出会っていくのです。そこまでに、いろんな人に学んでもかまいません。どんなトレーナーでも、あなたがしっかりと学べば次がみえてくるし、次にまたどう出会うのかもみえてきます。すると、あなたに必要な人に出会っていくのです。うまく出会えないとしたら、あなたがまだあなたをきちんと学べていないからです。

 どこで何をやろうと、どのトレーナーでどんなやり方でやろうと、あなたに力があれば、あなたの力がついていけば、「あなたの正解」に至るのです。

 「発声やヴォイトレとは、目的地が同じでプロセスが違うだけという山の頂上への登り方のようなものだ」と例えられています。声楽や合唱で皆と声を合わせるのなら、その通りかもしれません。私はそうは思いません。その人の山の頂上なのですから、それらは表現、歌、演技で表現されたところに伴う声です。