ヴォイストレーナーの選び方[アーカイブ版]

声、発声、聞くこと、ヴォイストレーニングに関心のある人に  バックナンバーは「夢実現・目的達成のための考え方と心身のトレーニング」をご覧ください http://bvt.txt-nifty.com/trainersen/

二つのレッスンタイプ

私は、トレーナーの偏りに注意して一般的なところへ戻して(初心にかえらせる)いくのと、その偏りを進めて独自の強い分野を持たせるのを併行して判断しています。

 A.一般的、平均的、普遍的、誰にでも当てはまるレッスン。

 B.特殊、偏向した独自の相手や時期を選ぶレッスン。

 と2つあることで、その間にさまざまな可能性のあるメニュも生まれやすくなります。しかも2人のトレーナーによる組み合わせで4パターン、3人で8パターンとなります。複数のトレーナーで併行させてレッスンさせると、まさに相乗効果となるのです。

 達人の経験とか、研究者の科学とかが入ったところで、その確からしさは、“相対的”に上がるだけです。まして、例外的な一人、それがあなたならあなたにとってはすべてが別です。当てはまらないとしたら100パーセントはずれるわけです。しかし、そこにこそ大変革のチャンスがあるのです。人間や人生というのは、すごくておもしろいのです。