夢実現・目標達成のための考え方と心身声のトレーニング(旧:ヴォイストレーナーの選び方)

声、発声、聞くこと、ヴォイストレーニングに関心のある人に  バックナンバーは「夢実現・目的達成のための考え方と心身声のトレーニング」をご覧ください http://bvt.txt-nifty.com/trainersen/

個声

私は、かなり客観的に研究所のヴォイトレをつき離しています。「どんなヴォイトレもよい」と認めています。トレーニングなのだから、それ自体に正誤はありません。自分にプラスになるように使ったらよいし、マイナスになるように使うのならやめればよい。そのために、何がプラスでマイナスか知っていくことです。

 ヴォイトレも、トレーナー独自のヴォイトレ論だけで浮いてしまっている居心地の悪さを感じます。

 正しい声、正しい教え方、正しいヴォイトレを求め、そうでない声を否定しています。そういう流れは居心地よくないのに、そういう声ばかりになりつつあります。

 本物の歌手といえる人、役者といえる人は少なくなりました。レベルが落ちたのも、客やつくり手の多くは気づいていないかもしれません。個性的な俳優、声優も舞台から消えつつあります。やがて、浪花節や時代劇と同じ運命になってしまうのでしょうか。個性とともに個声がなくなっていくのです。それでよいはずがありません。