ヴォイストレーナーの選び方[アーカイブ版]

声、発声、聞くこと、ヴォイストレーニングに関心のある人に  バックナンバーは「夢実現・目的達成のための考え方と心身のトレーニング」をご覧ください http://bvt.txt-nifty.com/trainersen/

次の器☆

1.今の器の確立、2.次の器の獲得として、2つに分けて考えます。実践した分、広がる可能性も早く尽き、やがて限界になってきます。今の器で、調整しつつも、次の器のための準備をしていくことです。それがトレーニングです。それで調整の度合いが緻密、確実になります。次の器もしぜんと今の器となっていくのが狙いです。

 やがて、その限界の外に応用された器というのがきます。その先は、本当に使える器の外での技となるのです。使う必要が出てくるときのために備えておくのです。☆特別な技は、非常時のためで、普段使うものではありません。しかし、それをもつことで、ゾーン状態のときなどハイレベルな次元にいくきっかけになるときもあります。

 そこも、何とかできるというのと、かなり無理というのと、ほぼできないというのに分かれるようです。