ヴォイストレーナーの選び方[アーカイブ版]

声、発声、聞くこと、ヴォイストレーニングに関心のある人に  バックナンバーは「夢実現・目的達成のための考え方と心身のトレーニング」をご覧ください http://bvt.txt-nifty.com/trainersen/

歌での甘え

プロしかできないこと、それが声に基づくもの以外になってしまったのです。アイドルやコミックバンドなどのようにです。もちろん、亜流はいつの世にもあってもよいでしょうが、それは、本流があってこそ存在できたのです。

 作詞作曲、演奏、ステージパフォーマンス(ダンスなど)はハイレベルになりました。目の肥えた日本人の客にわかりやすいからです。

 声が大きいというのが、プロになれる条件ではありません。それは、器の一要素です。条件はむしろ声質、音色、歌やせりふならフレーズ、そこでのオリジナリティです。

 歌というのは「自分の声」「ことば」で、オリジナルのように思われてしまいます。それで、通じてきたつけが出てきたのです。プロの楽器奏者レベルの確かな音色(タッチ)とフレーズ(自分の音、音の流れ)のある音楽になっていないなら、その歌が国や時代を超えられるわけはありません。ブロードウエイやグラミー賞と別に、欧米の基準を絶対にしたくないので、それをみないとしても、中国、韓国、インド、アフリカなどにも敵わないのが現実です。