夢実現・目標達成のための考え方と心身声のトレーニング(旧:ヴォイストレーナーの選び方)

声、発声、聞くこと、ヴォイストレーニングに関心のある人に  バックナンバーは「夢実現・目的達成のための考え方と心身声のトレーニング」をご覧ください http://bvt.txt-nifty.com/trainersen/

オペラ歌手と役者

オペラ歌手の体、体-呼吸、発声と共鳴をもって、声の仕事をするというスタンスは、歌手、日本のオペラ歌手に、かつての役者や邦楽家のような強い声、喉を持って歌うようにと、私が、ヴォイトレを始めたとき、提唱したことと逆転したようにも思われるかもしれません。そこで、まとめておこうと思います。

 オペラ歌手でいうと、ソプラノ、テノールが主役で、日本では、そのパートは多いのですが、アルト、バリトン(バス)をイメージしてもらうと、全ての分野に共通の声の基礎としてわかりやすいと思います。ポップス、特にJ-POPSでハイトーン、ハイCなど使うのは、かなり特殊であり、音響あってのものです。以前は、その域はオペラ歌手しか使わなかったし、オペラ歌手も本当には使えていなかったのです。

あとは、天与の条件によらず、生涯使えるという可能性から考えるべきです。少なくとも私は、ハイCの最高音域を条件とはしていません。他の基礎のある上で、声域は広く、高音域も使えた方がよいのは言うまでもありませんが…。