夢実現・目標達成のための考え方と心身声のトレーニング(旧:ヴォイストレーナーの選び方)

声、発声、聞くこと、ヴォイストレーニングに関心のある人に  バックナンバーは「夢実現・目的達成のための考え方と心身声のトレーニング」をご覧ください http://bvt.txt-nifty.com/trainersen/

歌か人か、カラオケか役者か

その人に合う歌、合わない歌についても、オリジナルのフレーズから決まってきます。カラオケのチャンピオンは、どの歌も卒なくうまく歌えます。しかし、歌い分けられる人は、歌によって分けられてしまうだけの人です。それぞれの曲を創唱した歌手に似せられる人は、似させられてしまうのです。その方が、本人のオリジナリティはないとみてよいでしょう。こういうプロの歌手がこのところ多くなりました。ただ、まねているだけなので、どの歌も同じように創唱した人の歌になってしまうのです。

どんな歌も、元の歌い手と全く違ってこそ、似つかないものになってこそ、オリジナリティというものです。そこが、一流のプロとカラオケのチャンピオンとの最大の違いです。しかし、日本のプロ歌手は、カラオケのチャンピオンタイプが多いのです。声がいい、うまい、器用、だから、そこまでなのです。

 一方、個性的な歌にする人には、役者、タレント型が多いのは、日本の特徴です。そこは、声そのものや本人の演技力がオリジナリティになっていて、音楽としてのフレーズは欠けていることが多いです。とはいえ、歌い手より声にオリジナリティがあったので、本格的なヴォイトレは彼らの方がやりやすいこともあります。今は、役者にも個性的な声がなくなりつつあります。