夢実現・目標達成のための考え方と心身声のトレーニング(旧:ヴォイストレーナーの選び方)

声、発声、聞くこと、ヴォイストレーニングに関心のある人に  バックナンバーは「夢実現・目的達成のための考え方と心身声のトレーニング」をご覧ください http://bvt.txt-nifty.com/trainersen/

素直に加えて

教えられるまま、言われるままにするのと、素直とは違います。教えを活かすには、素直でなくてはよくありません。しかし、従順なだけでは足りません。活かせない人は、教わるよりも自ら気づくようになることからです。

 声は気分や響かせ方を少し変えたらずっとよくなると言われます。ワークショップなら、それでよいのですが、レッスンでは、あえて、気づくことを待つことも必要です。

 声は、案外と大変なことだということを伝えています。それとともに、それを成し遂げるプロセスへのアプローチ、努力の仕方、できたら、深さやおもしろさを伝えられたらよいと思うのです。

 特に、日常での踏ん張りどころを示します。あるところまで行くのが大変なのですが、そこまで行かないのに、いろいろとトレーナーが知っていることをたくさん教えては、却って、ものになりません。一流の声作品を紹介して聞かせる方がずっとよいでしょう。考えるな、感じろ、ということです。

「どのくらいで身につくのか」は、身につくまでやることであって、愚問です。

 小さな障害を引きずらないように心身は切り替えさせる、そのまま長くやると、必ず悪いところが出てきます。それで本人もわかるのがよいのです。力任せでもたなくなる状況で、力を抜くことが身につくのです。