夢実現・目標達成のための考え方と心身声のトレーニング(旧:ヴォイストレーナーの選び方)

声、発声、聞くこと、ヴォイストレーニングに関心のある人に  バックナンバーは「夢実現・目的達成のための考え方と心身声のトレーニング」をご覧ください http://bvt.txt-nifty.com/trainersen/

声楽とヴォイトレ

声楽家は、発声、共鳴の職人です。日本のケースでは、まだまだ地に足がついていない状況です。この点は、今はともかく、昔から深く足を下ろしてきた邦楽よりも劣ります。しかも、そこに教養主義みたいなものがあります。歌舞伎のように、そこらのおばさんが気軽に見に行って楽しんでいません。時代の要請でそうなってしまったところはあるのですが。トップダウンや成り上がり的に世間と切り離されると、他の人がやらないこと、できないことをやって何かができている気分になっていきます。それはそれでよいのですが、その気分とは優越感、他人との比較にすぎません。外国から与えられたまま、特権階級みたいなもので、本来、絶対的なもの、芸術というものの厳しさからみると、逸脱しているように思えます。

 練習曲も形だけで伝わらないのです。でも、声はある、共鳴はする、他人にわかる、素人ではない。本来、そこからスタートなのに、そこで歌、舞台と思っている、それは闘うのでなく逃げている、権威に寄っているのです。外国語の勉強の発表会のように、といえばよいでしょうか。