夢実現・目標達成のための考え方と心身声のトレーニング(旧:ヴォイストレーナーの選び方)

声、発声、聞くこと、ヴォイストレーニングに関心のある人に  バックナンバーは「夢実現・目的達成のための考え方と心身声のトレーニング」をご覧ください http://bvt.txt-nifty.com/trainersen/

日本のヴォイトレ

日本のヴォイトレは、バッテリーの使い方の調整、つまり節約法に陥りました。ですから、喉や軟口蓋での声道の拡張での共鳴で声を効率化で、省エネにするという方向です。これは、最終レベルで完成につなげる応用技術でですが、小手先の技巧となったのです(再三述べるように、この指針を否定しているのではありません。私もここのトレーナーも、その部分的効果や全体への影響のメリットも知っています。最終的であるものを、最初に行って悪いのではありません。何よりも、今の日本の声楽のトレーナーやヴォイストレーナーほど、これにこだわる人たちはいません)。問題は、使い方の調整と言っても限度があるということです。その先にどうつなげるかを考えているかということです。

 そうでないから、充電しないでできるだけ持たせるように、充電回数を少なくするとか、出力を抑えるということになります。となると、100%もちろん、声のコントロールをした歌ですから、声量での100%とは違います)で歌っていた人を半分くらいの声量にセーブするのです。トレーナーもですがトレーナーに言われなくても、今の日本のプロになる人は、皆、そういう守りの発声を選んでいます。