夢実現・目標達成のための考え方と心身声のトレーニング(旧:ヴォイストレーナーの選び方)

声、発声、聞くこと、ヴォイストレーニングに関心のある人に  バックナンバーは「夢実現・目的達成のための考え方と心身声のトレーニング」をご覧ください http://bvt.txt-nifty.com/trainersen/

一般的な声

日本人に声の芯が全くないのではありません。ただ、幅が狭く、それを応用できないのです。日本語の日常会話では、声を高めに浅く出して、息をあまり使わないです。

 歌唱で共鳴(頭声)だけにするタイプ(b1)と別に、ハスキーあるいは息の声でつくるタイプ(b2)は、スタイルとしては別のようにみえます。しかし、芯がない、胸声や呼吸の支えに欠ける点では似ています。

 女性には裏声だけで歌い、話す人もいます。前者(b1)は女性ではよくないこととはいえません。日本では一般的です。女声コーラスなどにもみられます。透明なきれいな声です。この声は、個性や感情表現に向いていませんが、ヴォイトレでも比較的よく使われています。目標とするレベルも、そこへのプロセスもわかりやすいからです。どちらかというと、個性のない声で、ミュージカル俳優の歌声、ハモネプ、合唱団、唱歌に向くような類です。あくまで声だけのことで、皆、似てきます。そのために、ルックス、表情、演技での個性をファンは評価するのです。日本らしいところです(私が初期にアンチテーゼの対象としていた、このあたりの見方については述べてきたので、参照してください)。