夢実現・目標達成のための考え方と心身声のトレーニング(旧:ヴォイストレーナーの選び方)

声、発声、聞くこと、ヴォイストレーニングに関心のある人に  バックナンバーは「夢実現・目的達成のための考え方と心身声のトレーニング」をご覧ください http://bvt.txt-nifty.com/trainersen/

ベルディング

B(頭部共鳴)→C(歌)という一般的な歌の練習をA(胸部共鳴)―D(ことば)で補強します。向うの人のもっている前提を確保するのです。日本人向けの特別強化メニュです。声楽でいうと胸声、ポップスならベルディングにあたる地声のことです。それ自体を否定するトレーナーもいます。

 欠けているものの補強ですから、私は必然のものと思っています。しかし、そうでない人は獲得しても使わなくてもよいのです。得るのは、支えとことばの力です。タフになります。喉を疲れさせないので安定に役立ちます。

しかし、中途半端な発声状態(=声の芯が捉えられていない)では不安定になるので、そこで引き返す人が多いのです。経験の浅いトレーナーが、間違いと判断してしまうところです。

 不安定になるのは、ピッチや音程、リズム、メロディ、発音、歌詞、頭声、共鳴、表現、ファルセットです。そこでしかみていない大半の人やトレーナーは、役立っていないどころか害のある間違った使い方をしてしまったトレーニングと思います。そういう人は、「本番とトレーニングの違い」をもう一度読んでください。