夢実現・目標達成のための考え方と心身声のトレーニング(旧:ヴォイストレーナーの選び方)

声、発声、聞くこと、ヴォイストレーニングに関心のある人に  バックナンバーは「夢実現・目的達成のための考え方と心身声のトレーニング」をご覧ください http://bvt.txt-nifty.com/trainersen/

仮の扱い

要素別に基礎と応用を考えてみます。ここでいう応用は、基礎ができた後の応用でなく、基礎をつくっている間にステージを凌いでいくための応用、切り換えて使うための応用です。これは今の現場のニーズに応えるものです。基礎はないけど出番のある人には欠かせないのです。

 大半のヴォイトレのノウハウ、方法、メニュはこの一部に当てはまります。これは仮の扱いなので´をつけて比べてみます。

A’お腹の使い方(腹式)―A息吐き

B’頭部共鳴(軟口蓋、喉頭下げ)―B体の共鳴

C’歌にまとめる、メロディと歌詞をこなす―C聞く、感じる、リズム強弱、フレーズ処理

D’MC(喉守る)表情、演出―D発声、発音、ポイント

 B―B’のときに、A、Dが邪魔しないようにすることです。仮のところで、腹式呼吸や深い声が身につかないのは当然といえます。