ヴォイストレーナーの選び方[アーカイブ版]

声、発声、聞くこと、ヴォイストレーニングに関心のある人に  バックナンバーは「夢実現・目的達成のための考え方と心身のトレーニング」をご覧ください http://bvt.txt-nifty.com/trainersen/

トレーナーの学びと使い方

日本人に「主体性」を気づかせるのは、殊のほか難しいものです。レッスンをマンツーマンにしたのもグループでの主体性が失われてきたからです。

 間違えないでほしいのは、方法やメニュの差異を比較して、トレーナーの優劣を決めても仕方ないということです。

 少なくとも他のところより、比較され競争にさらされるここのトレーナーは、独自性なくしては続きません。生徒がつかなくなります。誰にも支持されていないトレーナーはいられないのです。

 

 目の前のトレーナーから学べることは学びつくせば、おのずと次のステップが見えてくるのです。

 付言するならば、ここで私たちから学ぶことを声だけとするのはもったいないことです。せめて耳を、できたらスタンスを学んでほしいものです。

 もっとも自分にふさわしいトレーナーをみつけるには、目の前のトレーナーを理解し使いつくすことが第一歩です。使い方を学ばずに、他のトレーナ―については同じことです。

 

 他のところでついていたトレーナーに不服があっていらっしゃる方もいます。しかし、他の人は、「そのトレーナーからも、もっと多くを学んでいる(可能性がある)」ことと、ここでうまく続けたければ、「トレーナーよりも自分のスタンスを変える」ことをアドバイスしています。

「自分が関わった人を自分に活かせること」が「有能」ということです。☆「自分を変えることが学ぶことの意味」です。