夢実現・目標達成のための考え方と心身声のトレーニング(旧:ヴォイストレーナーの選び方)

声、発声、聞くこと、ヴォイストレーニングに関心のある人に( 1本版は、https://infobvt.wordpress.com/ をご利用ください。)

笑いに落とす

笑いというのは、緊張の緩和が生まれます。おもしろいということは、テンションを保った緊張した状態から、落とすことで生まれます。

家を買ったといった後に、リノベに金がかかるとか死ぬまでローンを払わなきゃいけないとか、で落として、共感を得るのです。

成功談

話の中で、成功談は、それが1番の話のようになってしまうことがあります。少しならよいのですが、それが続いてしまうと、おもしろく思われないでしょう。

ですから、そういうときは、少し、その成果を引くことです。うまくいかなかった部分を添えて、ドジったことなどを付け加えるのです。

信頼の距離

自分の困っていることや相手に助けて欲しいようなことを話すと、相手は信頼されたと思って、距離が縮むことがあります。「最近、仕事で困っていて」と、いうようなことです。もちろん、上司や同僚の悪口はよくありません。

天気

天気の話題というのはあまりに使いまわされてますので、よほど暑いとか寒いとかでもないと、あるいは、ずっと雨だったのに晴れたとか、そういう形でないと、使いにくいかもしれません。でも、もっとも使いやすいものです。

話題をつなげる

打ち合わせでもパーティーでも、初対面で、挨拶した後に、何の言葉も出てこないのは、お互いに辛いものです。そういうときは、天気の話題などが無難だといわれます。あるいは相手に対して質問するとか、自分の紹介をしてみることでもよいわけです。

共感を示す

相手の言葉に、共感するのが基本です。コミュニケーションが目的であれば、それにすぐに反論したり、意見をいうのも、あまりよくありません。相手のいったことを、受け入れて、それに共感して、やや大げさな表情で返すと、気持ちが伝わるでしょう。そのまま返すのでは、あまりに味気ないし、気が利いてないといえます。

雑談

雑談をするにも、話を広げていかなければなりません。そういうときにいわれるのは、5W3Hです。いつ、どこで、誰が、なぜ、何を、と、どのように、どのくらい、いくら、です。

日常の話題

例えば、初対面で、単純に打ち解けるだけなら、雑談で情報交換をすればよいのです。的確な質問をし、聞かれたことには説明をします。意見や提案力も問われるでしょう。それはコミュニケーションというよりは、日頃の仕事の力、準備ということになります。

ビジネスコミュニケーション

ビジネスのコミュニケーションは、日常のコミュニケーションと違います。誰とどのように接して、どのような成果を生み出しているか、結果が求められるからです。

相手によって、コミュニケーションの仕方が変わります。状況や目標によって、いろんな対策が求められます。

聞き役

話すのが苦手だったら、聞き役として優れていけばよいのです。大体、誰もが話したがっていて聞くのは苦手です。話しすぎる人間は敬遠されますから、聞くことに上手になれば、コミュニケーションには困らないはずです。しっかりと相手の顔を見て、興味関心をそらさないようにしましょう。

 

反応

人と会話することが苦手、雑談でも難しいと感じる人は、あえて、たくさん話そうとしなくていいのです。挨拶をしっかりし、笑顔で、相手のいうことに反応してればいいのです。できたら、柔らかい声のトーンを使ってください。これで人間関係のほとんどは改善されます。