夢実現・目標達成のための考え方と心身声のトレーニング(旧:ヴォイストレーナーの選び方)

声、発声、聞くこと、ヴォイストレーニングに関心のある人に  バックナンバーは「夢実現・目的達成のための考え方と心身声のトレーニング」をご覧ください http://bvt.txt-nifty.com/trainersen/

力を入れて戻して

声と息と気とは、私のなかでは、ほとんど同じ概念です。 それらは自分勝手に出したりコントロールしようとしたりしない方が、結果としてうまくいくのです。 力を入れて心身を固く緊張させるのは簡単ですが、その逆は難しいです。 そこで、たとえば、力は入れ…

補強して拡大する☆

不要なものは、妨げ、邪魔するものです。それを取り除くことですが、それで終わるのではありません。むしろ取り除くことには、あまり気をとられないことです。補強で器を大きくして、そうした妨げが目立たなくする方がよいでしょう。 どんなに妨げを除こうと…

体のしぜんと規範☆

体の声に耳を傾けます。そして、ただの心地よさ、リラックス、解放などではなく、ある規範においての自由の獲得を目指していくのです。 ストレートにいうなら、自分の邪魔しているものを取り除いていくのですが、それは、心身を解放するだけでは不可能です。…

共有とシェア

トレーナーとの研究は、シェアすることに意味があります。 ガイダンスとしても、ただの道案内ではなく、道なき道をどう切り拓くかという仕事です。 京大人文研の共同研究などの方法を聞くと、かつては、日本人の共感能力もすごかったのだと思います。説明能…

一体感と生身

人間社会において、人権が拡大したのは、他人の気持ちがわかる、それは大切なことだという共感能力を多くの人が共通して持ちえたためでしょう。 集団に同一化するのにも、人は、はまっていきます。「第九」など、集団でのコーラスでは、一体になる心地よさが…

共感とスタンス

人間は、他の人や別のものと共感する、同期する、スキャニングすることにすぐれています。それは相手の身体や別のものの形をイメージして、見たり、聞いたり、触れたりしている状況をトータルで捉えられるからです。 その枠がみえること、そして、そこに立っ…

声楽と海外のヴォイトレと私のヴォイトレ☆

日本の声楽では、当初の圧倒的なギャップの克服から、メソッドが使われてきたのです。 そこで実績があったのです。クリエイティブでないのを承知で、私は、アンチ声楽でもあったのに取り入れ、移行させてきたのです。 少なくても、フィジカル、メンタル面で…

一般化と声楽のメリット☆

今、ヴォイトレが、ここまで一般化し普及したのは、むしろ、一時代前のレベルと比べてフィジカル、メンタル面で落ちてきた人たちのための基礎、リハビリ、調整のように使われるようになってきたからです。 それは、年配の人にも若い人にも通じることとして、…

自信の力

日常に使っている声は応用である点が大きいのと、声の力そのものが、トータルで関わる力のなかで占める割合が落ちてきているのです。 なおさら、声は、確立しにくくなっているのです。 求める結果とは、何かを見据えていきましょう。 メンタルなことでは、自…

ヴォイトレの不毛

どんなスポーツでも、最初は、そのための特別のトレーニングはなかったのです。 しかし、どんな分野でもレベルが上がると、それを支えるトレーニングが確立してきます。 以前よりもレベルアップして、トレーニングなしでは、そのレベルについていけなくなる…

ヴォイトレと始点

かつての歌手も役者も、どんな一流の人でも、「ヴォイトレをしていなかった」という事実と、ヴォイトレをした人が、そういう人の実力を超えているわけではないという結果をふまえておくことです。 しかし、それはヴォイトレという名で呼ばないだけで、「実質…

ヴォイトレのスタンス

発声、歌唱、せりふ、あるいは、声に関わる職につくには、ヴォイトレが必修と考えること自体、おかしいのです。 何しろ、ヴォイトレの定義とか枠自体、ありません。 声のトレーニングとしか言っていないのですから。 多くは、誰かが勝手に選択された枠で考え…

ヴォイトレの程度

ヴォイトレをしていることは、何らかのプラスになっているという実感は大切です。 スランプのときに、知識や仮説の証明に時間をかけ、頭を悩ますのは無駄なことです。 正しいとか、合っているとか、間違っているとか、考えても考えるだけ無駄です。 すべては…

ヴォイトレとメンタルの使い方

健康に気遣って、そのストレスで不健康になる人が多いそうです。 そのように、声に神経質になって、練習のモチベーションや表現能力が落ちる人もいます。 そういうことで、いちいち、ヴォイトレを中止するなら、意味がありません。 本気で取り組むと、両立し…

エビデンスの無力さ

最近は、エビデンスにこだわって説得力をもたせようとするものが多いです。 読む人がエビデンスで説得されたくて買うからです。 その分、中途半端におかしなものになって、役立たなくなっているのです。 特に、「科学的」というのは、この分野では、何ら実証…

一冊の本

多くのトレーナーや学者、医者が1、2冊、自説をまとめたような本を出しています。 その人なりに捉えてまとめたものは、参考にはなります。 特に、デビュー作というのは、どんなメディアでも、生涯にわたる、その人の作品のベースが入っているのです。 切り口…

わかりたいから

何事も、変わらなくてはみえない、書き出さなくてはみえない、つくってみないとわからない。 ですから、出せばよいのです。それしかないでしょう。 何事も深めていくと、わからないこと、説明できないことばかりです。 わかろうとしたり、説明してみようとし…

チャレンジする人に

「ありのままにしぜんに」は、理想と思います。 しかし、最初からそれでは動物と変わりません。 新しいものを創っていく、 少なくとも、創意工夫してチャレンジしていくことでしょう。 日本全体にそういう熱を感じにくくなって久しいです。 平和ボケっていう…

研究生と研究所

この研究所の理想と現実の現状から、それを超えた今の必要と将来の必要で、ある程度、枠をつくっているつもりです。 スクールに、こういう情報発信や会報はありません。 研究所の研究生になら、「書くのは、私ではなく、あなたでしょう」と言います。 クライ…

会報の利用法

会報が「厚すぎる」、「内容が多すぎる」と言われたことがあります。 昔は今のページの3、4倍あり、しかも文字は小さく3段組でしたから、分量は10倍くらいあったでしょう。それでも、そう言われたことは、ありませんでした。 「全て読むように」とは言ってい…

関係ない話との関係

ときどき、こういう文章を読んで「なぜ関係のない話をするのか」と思われている人もいるようです。 文章に関しては、自分に関係ないと思えば飛ばせばよいと思うので、 関係をつけるのは、あなた次第です。 私が述べているのですから、「何か関係あるのでは」…

実体験

発声の話を発声のノウハウとして聞くくらいなら、レッスンで体験していった方がよいでしょう。 私は、発声で得たことを世の中でどう活かすかの話をよくします。 それは、発声だけ得ても、レッスンで学んで声だけ使えても、普通は、そのままでは、世の中で使…

受け身での言語☆

私たち日本人は、外国語を、彼らに何かを「言うため」ではなく、彼らから「聞くため」に学んできました。 そこにあったのは、日本語にはない新しい感覚や価値体系、その発見と学びです。 それこそが外国語を学ぶ意味だと思うのです。

日本語は、文字で聞く☆☆

私たちは、耳から入ったことばを文字化し、漢字をイメージして捉えます。 それに対して、欧米の人は、あの記号でしかないアルファベットの文字をみて、音化して捉えていると思います。 表意文字ideogramと表音文字phonogramの違いを考えてみましょう。 漢字…

声はメタ

「言いたいことがある」といわれるようなケースでは、もはや、言っていることばはどうでもよくて、内容などは、枝葉にすぎないのです。 それが「不快だ、生意気だから態度改めろよ」ということなら、言われていることに反論したり、内容に対して論じても仕方…

創造の力

創造というのなら、1から10も100も取り出して示せる力がいるのです。 それは、100も1000も入れ込んでおくことから出てきます。 才能というなら、0から1を引き出せる力、 1しか出さないのに人に10にみさせる力かもしれません。

傷つく

感受性を高めるのは、いろんな表現を自由にできるようになるためです。 ただ傷つきやすくなるだけでは何の意味もないのです。 表現のために過剰に感受性が高まると、傷つきやすくなります。 しかし、それは、必ずしも表現に結びつくとは限らず、ときにハイリ…

設定とイメージ

映画、演劇、ステージという枠があります。 そこに、私のことばでいうところのスタンス、つまり、設定が必要です。 この場合、フィクションとして行われていることであるという前提です。 歌で問われる感情表現は、日常のものでなく、ステージとして人に伝わ…

振る舞いとオーラ

声に限りませんが、現場では専門に関する実力だけでなく、ことば遣い、マナー、振舞い、表情などの周辺の力もいるでしょう。 心身からの振る舞いに、人はオーラを感じ魅了されるのです。 知っていることに対してではありません。 余計なことをしゃべるほど野…

仕事力

現場で問われるのは、これまで生きてきた、学んできたことですが、 ものをいうのは、それら全てを忘れたところで残っていることです。 心身の疲労困憊でも働く頭や動く体です。 頭のよさではなく、頭の強さや地頭、知識や学んだ技術ではなく、知恵と体の動く…