ヴォイストレーナーの選び方[アーカイブ版]

声、発声、聞くこと、ヴォイストレーニングに関心のある人に  バックナンバーは「夢実現・目的達成のための考え方と心身のトレーニング」をご覧ください http://bvt.txt-nifty.com/trainersen/

25.ブレスヴォイストレーニング研究所と専属トレーナー

場の力と機会★

研究所では、楽器の他に音の鳴るものがたくさん置いてあります。その結果として、宗教的な道具が多くなったのです。私も、月に何回はどこかの神社か寺を訪れています。何となく、そういうものと通じたものがないと、他人の出してくるものの判断をしにくいと…

異質と異変

場が異質であるのは、非日常の時空を共有するためです。そこにいて呼吸をするだけで感覚は違ってくるものなのです。 異質なものに触れることに人は億劫です。しかし、そうして異変を生じなくては大して変わりません。迷い悩み、こだわりを切り、クリーンにす…

本当の上達とは★

ありがたいことに、ここには、すぐれたトレーナーがたくさんいるので、いろんな見方や考え方、方法やメニュ、プロセスを教えてくれます。 自分だけで教えていると、生徒は、優秀なほど、自分が言う通りになっていきます。そして、気づくことがなくなりかねま…

基礎を抜かす

研究所で、トレーナーと分担するようになると、トレーナーは応用をして、私をフォローしてくれています。トレーナーにも、ポップス、役者、外国人は、応用を望みます。実践的であることがすべてのノウハウのように考える人が多くなりました。というのも、本…

実践的なトレーニング

歌手や役者にとって実践的なのがよいのは、当然のことです。ですから、ここでも今、ステージや行っている曲やせりふをそのまま使うことはよくあります。その録音で評価したり、直すところを指導することもあります。トレーナーが手本を見せ、それをまねさせ…

基礎トレーニング

基礎をつけたい、基本をやりたいと言って、ここにいらっしゃいます。ほとんどの人がそうでしょう。しかし、そこを伝えても、それでその人がきちんと基礎、基本の意味、必要性を理解し、くり返さなくては、身につきません。頭で気づく力があっても、体を使っ…

実践的な指導の限界

1.応用 実感 2.基礎 応用できるようにする基礎 3.応用 基礎のある応用 1の応用は、1日とか1回で、本人に実践的な練習であると思わせられたなら、それはトレーナーの演出です。その人の能力を妨げているものを気づかせ、取り除く、そうして意識化すること…

変わらないもの

相手に合わせ、現状に合わせ、求められることに合わせて応用していっても、基本は残るのです。なぜなら、基本は体についた声ですから、離れようがないからです。そして疑いようもない、どの分野でもそこを活かした一流の人がいるからです。 ただ、歌の声に限…

担当をする

プロが10人、ここにいらっしゃるとして、その担当は 1人 私だけ 2人 (私と)ここのトレーナー 3人 ここのトレーナー 4人 ここのトレーナーと他のすぐれたトレーナー(医者や言語聴覚士など専門家)で割り振る こんな割合で行われています。 ここのトレーナー…

2つの条件

専門家やトレーナーにアドバイスをもらっても、30点、50点の対策では、何にもなりません。なのに、まったくの素人や心身が弱っているプロには、それが効いて解決したかのようにみえるので困るのです。そこでは、フィジカルトレーナーやメンタルトレーナーに…

教えること

役者は、他人に教えるケースも多いのでしょう。後輩にアドバイスを求められるので、確実なことを教えたいと勉強し始める。それはよいことですが、発声の知識を教えることは教えやすいだけで違います。そこから悪循環が始まります。これは、他人によかれと思…

話の周辺

内容、方法、メニュよりも、それがどの状況で誰によってどう述べられたか、成されたかが大切です。何かよりもどうかなのです。「語るに落ちる」といいますが、それは語った内容でなく語ったということが重要ということです。 話せばわかる、それは内容でわか…

第三者としての客観視

トレーナーが何らかのコメントを伝えるとき、そこでは、生徒しか対象として捉えられていません。当たり前のことですが、マンツーマンのレッスンでは一対一だからです。スタジオのなかという状況のなかでは、トレーナーも生徒と同じ劇中の一人としてみると、…

トレーナーと生徒を同時にみる☆

スタジオでの同席や見学は、TVカメラが入るように現場へ介入してしまうことになります。それによって、場が変わります。登場人物が増え、クルーも中に取り込まれてしまうのです。これはマジックミラーでみるわけにいかないのですが、録画でみることで、ある…

実践から

非常時への対処の体験が乏しいと、案外と人は動けない、早めに自己防御に入ってしまうものだと思います。お坊ちゃんとして育った人などもそうかもしれません。首相は一時断念したという、前回の辞職が非常時体験になったはずです。しかし、動けるように動い…

タイミング

「ハイ」と言うけど、きちんと聞いていない、理解して飲み込んでいないなら、そこで留まってみることも大切です。あるいは、さっと先に行って後で考えるのもよいでしょう。その辺りはトレーナーに任せています。いろんなタイプのトレーナーがいるのも、いろ…

慣れるな

トレーナーが、あなたの好きな音楽や歌の話がさほどできなくてもよいでしょう。誰も私にAKB48のオタク専門知識は求めません。そういう話は、仲間とすればよい。仲間とトレーナーを兼任(なかには、飲み仲間にまで)するのはお互いに無駄が多いのでないでしょ…

認められる力

ここにも、拙書を読んで感化されてきた、という人はたくさんいらっしゃいます。それが世界や社会へ目を開くならありがたいことです。一方、そうではなく、内に籠る人もいます。それが一時のことで、あるいは、切り替えてレッスンにも淡々とくるならよいこと…

ずっと「今、ここに」☆

「今ここ」に専念することで「いつかどこか」に行くのです。「今ここ」より、「いつかどこか」がよくなければ不幸ではあります。「いつかどこか」を追いかけるために「今ここ」に、青い鳥を感じることなのです。 非日常に憧れて日常を離れても、自分が変わら…

出すこと

「うまくいけばいい」のでなく「絶対に変えていく」つもりでないと、ここを充分には使えないでしょう。でも3割、使い切れたら、次があります。まずは、3割バッターを目指してください。 何事もその人が自ら切り開いていくものです。何ら出さないのを後押しす…

バックグランド

マニュアルは、よし悪しで分けていくものです。それを守ろうと一つひとつに、ことばの指示にもこだわります。しかし、そこのことばでなく、そのバックにある意図に対応することが大切です。それができないと、器用にこなしたつもりで、実のところ、害にしか…

オーラ

オーラにあふれるひとかどの人物になる、それはそういう人に会って、人に感化されることです。人に会って、体感していくことでマニュアルを超えることです。 一人の人間の存在感は、くどきのマニュアルと社交術くらいに大きく違うのです。そういうことが、な…

レベルの設定☆

体力や学力のことで話しているのは、3キロ走れる人に1キロ走るトレーニングとか、中学生に小学生のドリルは必要ないということです。100点を目指して、いつも100点とれるドリルをやっているとしたら、レベル設定がおかしいのです。それは、1回確認すれば充分…

模写と独創

ここのトレーナーのスキャン能力はかなり高いし、そのままレコーディングもできるほどでしょう。生徒がそのトレーナーの声のスキャン、姿勢や表情のスキャン、フォームのスキャンを通じて変じるきっかけにするのはよいことです。そこは技術です。求めるべき…

アドバイスについて☆

いつも、ここの何かと、あなたとどんな関係ができるのかが問題です。私は、あなたの横にいないのですから、それは、私の放り投げたものをどう受け止めるか、どう気づくかでしょう。私の述べたことにどんな意味があるかでなく、どんな意味もそれはあなたの意…

効果の実証

声の成果を完全に客観的に実証するのは難しいことです。それでも、十数人のトレーナーと十年以上継続してレッスンを受講している人を比較してみていると、多くのことがわかってきます。そのような機会のない人たちには想像もできないほどのビックデータとな…

メニュの効果

「○○のためには、○○のメニュがよい」ということについての考えです。 私たちには、声のさまざまな問題に対して、対処するメニュ、方法がいくつもあります。だから、そういう形で伝えることは、少なくありません。 トレーナーがメニュを教えて、その人がよく…

メニュの検証

実のところは、本人の力が60%、トレーナーの力が20%、メニュの力は10%、その比率もかなりバラつきがあり、適当なところですが、こんなものです。 これは、3つの条件の1つを変えて、他の人、他のメニュ、他のトレーナーで試してみるとわかります。このパー…

できないことを教える

すぐれたコーチというのは、コーチ自身のできないことまで教えてくれます。難易度が高くなっていくようなスポーツ、例えば、スケートや体操で、コーチがトップアスリートよりもできることはありません。もしそうなら、コーチが出場したら金メダルでしょう。…

欠点と違和感☆☆

結果として、できていった人をみると、欠点を取り除くのを急ぐのはよくないと思うのです。意識が変わり、日常が変わるだけでも、声は変わります。大きく変わる準備をし始める時間を充分にとることです。 メニュは、型としてありますから、ときに、これまでの…