NEWヴォイストレーナーの選び方[アーカイブ版]

声、発声、聞くこと、ヴォイストレーニングに関心のある人に  バックナンバーは「夢実現・目的達成のための考え方と心身のトレーニング」をご覧ください http://bvt.txt-nifty.com/trainersen/

トレーナーの手腕

 レッスンの料金や時間や、制度や体制などは、本来は、大した問題ではないのです。本人の志ほど、決定的なものはありません。本質や先見力、感性の働かなくなったところにヴォイトレをしてみても先はないのです。そういう人財を見抜き、集中して育成するのには、私もまだ若く経験が不足していました。

 素質で選ぶのはプロデューサーの役割で、私たちのヴォイトレが真にヴォイトレであるならば、そうでない人にこそ、大きな成果をあげて、先を切り拓く武器となるものです。その考えは今も変わっていません。

 素質のある人は、どういうヴォイトレに行ってもそれなりに成果が上がります。誰からもどこからも学びとる力があるからです。

 そうでない人、例えば、本人に意志がないのに紹介された人、他のスクールでは続かない人、医者からの紹介の人などを、どのように教えるのかは大変なことで、そこがトレーナーの手腕です。

 ここは、アーティスト、OB、医者などの紹介で多くの人がいらしています。こういう人のなかにはメンタルの問題が大きく占めるケースがけっこうあります。声がよいとか歌がうまいだけのヴォイストレーナーが、扱えることでないので、そういういところからもよくいらっしゃいます。研究所としての課題です。

 私は、感性や集中力に関する研究があります。個別の能力開発は、ヴォイトレの中心テーマです。

 アーティストというのは、人に価値を与える人です。震災でも、改めて、そういう力の存在を確信できて嬉しかったものです。心のケアも、専門家が行くよりも、アーティストの方が影響が大きいかもしれません。医者はメンタルよりも、身体のケアに専念するべきとも感じました。