ヴォイストレーナーの選び方[アーカイブ版]

声、発声、聞くこと、ヴォイストレーニングに関心のある人に  バックナンバーは「夢実現・目的達成のための考え方と心身のトレーニング」をご覧ください http://bvt.txt-nifty.com/trainersen/

シンプルに難しく

私の述べたことを読んで、よくわかったとお礼やコメントをいただきます。

 いつも「難しいことは、それ自体がおかしいからやりなさるな。」「簡単なことがどんなに難しいかを知っていくようなトレーニングをやりなさい」といっています。

 難しいことを難しくやっている日本人は、もっと難しいことを簡単にやれている向こうの人に勝てません。どうしてでしょう。シンプルな第一声で、すでに誰もがわかるほど明らかに負けているからです。

 簡単そうにみえることがいかに難しいかというセンサーがないことです。

 次々に難しいというよりは、ややこしいことや複雑なことばかりやっていこうとするからです。それをレッスンとかトレーニングと思っていませんか。スキーヤーや登山家なら大けがで命をおとしているでしょう。そういうトレーニングやメニュや方法を形だけで評価する人が多いからです。

 真の表現の成立に、声、ことば、音楽、それぞれ、きちんとくみ上げていく労力を毎日、惜しんではいけないということです。

 次の3つのプロセスを頭に入れておいてください。

1.理想のイメージ

2.イメージと現実との接点づけ

3.その接点から確実に強化していく

 神経回路-感覚をつけ、足らない筋肉などを補い、使い方も柔軟に自由にできるようにしていくということです。