ヴォイストレーナーの選び方[アーカイブ版]

声、発声、聞くこと、ヴォイストレーニングに関心のある人に  バックナンバーは「夢実現・目的達成のための考え方と心身のトレーニング」をご覧ください http://bvt.txt-nifty.com/trainersen/

これまでの学びを活かす

他からいらした人は、当人はリセットしたい、トレーナーもその方が楽だから、ゼロからスタートしたがります。心機一転、最初はそういうスタートでもよいでしょう。しかし、どこかで、考えてほしいことがあります。

このことは当人一人でできないことだからこそ、トレーナーが知って、少しずつ伝えていくべきことです。前のところで前のトレーナーで伸びた人もいたのです。相性ややり方だけではなく、自分の判断の仕方、学び方など、トータルにみて、どこに問題があるのかということを知ることは大切なことです。

前のところを辞めて次にいくなら、トレーナーややり方のせいでなく、自分の問題として捉え直すことです。そうでなければ、最初はよくても、また同じ轍を踏むことになります。習うべきことをマスターせずに、トレーナーを、二転三転としている人は、特に注意することです。やったことは、どんなことでも意味があるのです。ただ、多くの場合、レベルが違うので、レベルが上がれば消化されていくのです。