ヴォイストレーナーの選び方[アーカイブ版]

声、発声、聞くこと、ヴォイストレーニングに関心のある人に  バックナンバーは「夢実現・目的達成のための考え方と心身のトレーニング」をご覧ください http://bvt.txt-nifty.com/trainersen/

離れる

発声の先生で"地声”の悪い声を避け裏声だけを使わせる人がいます。「地声は厳禁」というわけです(こういう地声裏声の用語については拙書に詳しい)。ケースによっては「練習を裏声で、歌で地声」というのも決しておかしくないのです。

 「高音が出ない」という人に、高音でやってみます。そこでうまくいかないとわかったところで、低音や中音域中心のレッスンをやります。これは、高音域をあきらめたわけではないのです。一時、そこを離しただけです。スポーツの部活動での試合で負けて、走り込みを強化しているからといって、やめたとか陸上へ転向したとか言わないでしょう。

 「本人が今の課題から離れられないで行き詰っている」からこそ、そこから離すのがトレーナーの役割であり、「一つの指針」です。