ヴォイストレーナーの選び方[アーカイブ版]

声、発声、聞くこと、ヴォイストレーニングに関心のある人に  バックナンバーは「夢実現・目的達成のための考え方と心身のトレーニング」をご覧ください http://bvt.txt-nifty.com/trainersen/

トレーナーの支え

ヴォーカルというのは、自己肯定力がないと続けられないものですから、どこかで自信過剰、自惚れがあります。まして売れた人ならプライドも相当に高いものです。売れていないのにプライドだけが高い人は、難しいです。

 よい歌い手でも、自己肯定力があまりに強いため、世に出られないタイプもいます。そこには目をつぶり、他の人に任せよというのですが。

 自分が売れてもいないのに、そういう人たちにズケズケ言うとしたら、トレーナーは、歌手や役者と違うものに支えられていなくてはなりません。歌やせりふに対して声、ステージに対してジム、本人一人だけに対して多くの人、というのが、トレーナーのキャリアです。長い年月での声の育成プロセスの把握や、そのプログラム、結果の分析なども、アーティストには自らの体験しかないので、トレーナーに求められる経験です。よくわからない世界だけに多くの人を長い時間みた経験、それも一人で行うのでなく、多くのトレーナーを介してみてきました。うまくご活用ください。