ヴォイストレーナーの選び方[アーカイブ版]

声、発声、聞くこと、ヴォイストレーニングに関心のある人に  バックナンバーは「夢実現・目的達成のための考え方と心身のトレーニング」をご覧ください http://bvt.txt-nifty.com/trainersen/

声を目的にしない「ヴォイトレ」ばかり

 

歌やせりふという表現は、声を基礎としつつも、声でなく、発音やメリハリ、メロディ、リズム、センス、その他の多くの別の要素、しかもそういう要素の組み合わせで問われています。すると、どうしてもわかりやすいものに目がいくのです。急いで身につけようと思うと、尚さら、表面的、機能的なものを求めてしまいます。残念なことに、トレーナーの多くも、そのレベルでヴォイトレをとらえています。

 そのため、余程、声だけにこだわらない限り、声は変わらないし、本当の成果も出てこないのです。

 

 「ヴォイトレで声そのものを求めている人」は、実のところ、案外と少ないといえます。また、教える側も「ヴォイトレ」と言いつつ、そのレッスンが大して声を中心にしていないことが多いのが現状です。「声と違うものを目的にしている」ことを表しています。それでは、声が変わるはずがありません。