ヴォイストレーナーの選び方[アーカイブ版]

声、発声、聞くこと、ヴォイストレーニングに関心のある人に  バックナンバーは「夢実現・目的達成のための考え方と心身のトレーニング」をご覧ください http://bvt.txt-nifty.com/trainersen/

ヴォイトレの対象

ヴォイトレの対象は、簡単にまとめると、音色がメイン、声域(基本周波数ファルセット)、声量(音圧)、発音(調音)はサブ、メリハリ、間といった、せりふの要素や音程、リズムなど、歌の要素はかなりの応用ですが、呼吸という基本と直結しています。

 プロデューサーが、よく「ヴォーカルは声が絶対、それだけで選ぶ」と言っていますが、それは音色であっても、音楽的な感性をからめた歌唱時の声の共鳴の具合と働きで、必ずしも声そのものはそうではないのです。

 ヴォイトレで、音楽的な声にすることさえ、ほとんどやっているところはありません。音程、スケール、リズムの練習をしてカラオケの得点を上げるような結果を求めているからです。

 トレーナーも生徒さんもそれを求めるから、当然、トレーナーもそうなっていきます。

私たちのように、それを想定しない方が稀有の存在です。声そのものと、歌唱の声も異なりますが、どちらも(あるいは、どちらかが)大切なのです。しかし、両方ともあなたのヴォイトレの対象になっていないのではありませんか。