ヴォイストレーナーの選び方[アーカイブ版]

声、発声、聞くこと、ヴォイストレーニングに関心のある人に  バックナンバーは「夢実現・目的達成のための考え方と心身のトレーニング」をご覧ください http://bvt.txt-nifty.com/trainersen/

正確さのために

個性(個声やオリジナリルのフレーズ)を出していくには、プロになってからでは遅すぎるともいえます。プロになる前か、プロとしての形が定まったときに器を考えるのがよいと思います。現実には、プロになるとともに、より安定した歌唱を求めていらっしゃるので、声楽ベースの補強で対処することになるわけです。

レーニングでは再現性を無視すると雑になります。表向きを整えるための安定のためでなく、厳密な再現性のために器を大きくすることです。これは、どこまでの深さと正確さで同じように出せるかです。私は、「正しい」「うまい」というのは、厳密には正確でないレベルのこととして 使ってきました。