夢実現・目標達成のための考え方と心身声のトレーニング(旧:ヴォイストレーナーの選び方)

声、発声、聞くこと、ヴォイストレーニングに関心のある人に  バックナンバーは「夢実現・目的達成のための考え方と心身声のトレーニング」をご覧ください http://bvt.txt-nifty.com/trainersen/

可能性

「何でもできそうな気がします」と言う人がいます。

何でもできそうでできないから、できていないから、できるところへ集中する。言うだけでなく、早く何でもやってみて限界を知ってください。

 素人でやり始めるときは、すべて無限の可能性です。人並みのところまでやると、一つひとつ限界にあたっていくのです。レッスンで、可能性を大きくするには、すべての力がついてもできないという限界をみせて、本当の絞り込まれた、唯一の可能性を何とか出すためです。当の本人が気づき、取り組むようにさせるためです。井の中の蛙を引きずり出すのです。

 声が出ると思っても、トレーナーについたら、そのトレーナーの方がもっと出る、なら、そうなろうとかそれを超えようとするのでなく、声が出てもそれで何とかなるわけでないことを知ることでしょう。その上で、声も必要、あった方がよいのか、なければいけないのか、そのあたりは詰めなくてもよいのですが、トレーナーを見本、叩き台にすることもあります。トレーナーくらいの力はつけるべしと、有利になるように力をつけていくのです。