ヴォイストレーナーの選び方[アーカイブ版]

声、発声、聞くこと、ヴォイストレーニングに関心のある人に  バックナンバーは「夢実現・目的達成のための考え方と心身のトレーニング」をご覧ください http://bvt.txt-nifty.com/trainersen/

高音の技術

心身の鍛えられたアスリートが歌っても、追いつけないところが、歌い手の歌い手たる技術となります。そこでわかりやすいのは、声の高さです。そこでヴォイトレの、半分くらいの目的が集中してしまうのです。誰かの歌をカバーしたいとなると、今のプロは高音やファルセットを多用するので、そのマスターが前提のように思われてしまうのです。

 私は、声域は、副次的な効果であり、人によっても違うのですから、メインの目的にはしたくはありません。

 求める人の目的には対応するので、もともと高い声の出たポップスのトレーナーよりは、少しずつ獲得していった、完成度の高い声楽のトレーナーに任せています。

 日本のミュージカルや合唱、ハモネプなどは、ハイトーン、ファルセット、共鳴、ハモリ、ビブラートを前提条件のようにしています。そこで、まさに音大のベースに一致するのです。声楽家でそういう条件に恵まれた人は、目的もキャリアも、問われるものが違うのですが、トレーナーとして教えると、大いに参考になるはずです。