ヴォイストレーナーの選び方[アーカイブ版]

声、発声、聞くこと、ヴォイストレーニングに関心のある人に  バックナンバーは「夢実現・目的達成のための考え方と心身のトレーニング」をご覧ください http://bvt.txt-nifty.com/trainersen/

初心者の声

「どれが一番よいメニュか?基本か?」と言われても、そういうプログラムではないのです。何をどうやったかみるのには、やっていることからスタートすればよいのです。作詞作曲の本など読まなくても(最初からは読まない方がよいと思いますが)、ことばをたくさん書く、フレーズを口ずさみ楽器で音を確認する。その、まことに頼りないスタートでもよいのです。

 レッスンでも、一緒にいる、一緒に時空に存在している、そのくり返しだけで伝わるものは伝わるのです。そうならない、頭が働いたり、集中できずに受け取れない人もいますが。

 未熟、かつ何もできていない、わかっていないという自覚があるなら、強みです。弱みでなく強みです。もっとよくなる余地がたくさんあります。しぜんと吸収されていきます。それが行き詰まってからが、本当のレッスンの入り口なのです。

 いつも初心者と同じ、日々、初心者として、私も対するのです。「いつもよくわからない」、「不思議」、でよいのです。

 全ては自らの内を見ることなのに、他人とばかり比べるようになったのは、教育の悪影響なのでしょうか。