夢実現・目標達成のための考え方と心身声のトレーニング(旧:ヴォイストレーナーの選び方)

声、発声、聞くこと、ヴォイストレーニングに関心のある人に  バックナンバーは「夢実現・目的達成のための考え方と心身声のトレーニング」をご覧ください http://bvt.txt-nifty.com/trainersen/

秘法、ノウハウのレベル

例えば、声などであるレベルに到達した人やトレーナーには、「最初は(誰かに教わって、自己流でやっていて)間違っていた」が、後で「誰かに教わって」とか、「自分で気づいて自分のやり方を編み出して」解決したという、いかにも何かしらの秘法、ノウハウがあって、それを自分がもっているような売りのトークを使う人が少なくありません。それは、今の力がどうで、自分がどこにいるのかということの客観視能力のなさをアピールすることになりかねないのですが。でも、宗教の開祖も、そういう論理を使うので説得法の一つですね(バカな私でもできたから、これを使えばあなたもできる)。

 早く何とかしたいという人は、そういうストーリーに惹かれます。秘法、ノウハウを教わって一気に大変身したいと思うからです。早く少しうまくなるでしょう。そういうやり方だからです。でも、そこからは声の力も伸びずに終わるのが大半です。それは自分の才能とか素質の限界と思うようになっていくのです。

 その証拠は、いつまでも習った人が教えてくれるトレーナーのレベルにもいかないことです。そういうトレーナーの多くは、若いときに成功した人です。若いときに歌っているときの方がずっと声もよく歌もうまく、トレーナーになってその力がキープできない人、つまり、本当なら、提唱するトレーニング法があたっていればさらによくなっているはずなのに、ならなかったケースです。ファンだった人は気づかないのかもしれませんが…。