ヴォイストレーナーの選び方[アーカイブ版]

声、発声、聞くこと、ヴォイストレーニングに関心のある人に  バックナンバーは「夢実現・目的達成のための考え方と心身のトレーニング」をご覧ください http://bvt.txt-nifty.com/trainersen/

誰がふさわしいか☆

ここでは、自分だけが正しく、できていて、他の人の教え方は間違っていると思い、研究を怠たるトレーナーには、生徒がつかなくなります。これは、演奏面で評価されている人(特にプリマドンナタイプ)に多かったのですが、教える力が伸びません。自分が教えられたことと自分がやってきたことを絶対とするあまり、今の時代の多彩なニーズに対応できないのです。(ここが続いているのは、世の中のニーズに対応してきたからにすぎません。必ずしもそれがよいとも思いません)

 ここのレッスンに来る人の多くはオペラ歌手になりたいのではありません。オペラの歌手の基礎でなく、そのまた基礎にあるもの(体、呼吸、声)です。オペラ歌手以外でも、音大や先生の違いで悩んでいる人は、是非いらしてください。お互いのノウハウを共有していく場で一緒に研究しましょう。

 日本にも少数の優秀な人はいますが、欧米をみると、本当に演奏家もトレーナーも大した人が、相当数いるものです。かといって、彼らが日本人にとってもよいレッスンができるのかというと別問題です。それがよければ、そういうトレーナーと私はここで行っているからです。

 外国人のトレーナーに教えられても、日本人が楽器のプレイヤーのようには、第一線に出られない。はっきり言うと育っていないのです。それは、なぜなのかが問題です。なかなか、そうして教わったことが体現できた人は少ないものです。